プロフィール 

しん

Author:しん

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-

気の赴くままに 参

続きの続き。

最高到達点を取ったので帰りましょう。
帰りにも少し写真を撮りながらね。
20170421 (56)
20170421 (57)
薄っすら日差しも出てきました

気持ち良く下っていると登ってくる方々とすれ違う。
まったく楽しそうだ。やはりここは渋峠なのだ。
登りも下りも全ての行程が充実した時間なのです。
そんな時間もあっという間に終わり、草津を過ぎ六合(くに)まで
下ってきました。
ここで最後のデザートです。
暮坂峠を通って帰りましょう!
20170421 (58)
最後に軽くひと登り

こちら側から登ると300mUP位かな?
斜度も緩めで落ち着いた心持で登れました。
イメージとしては裏定峰の序盤みたいな感じでした。
20170421 (60)
横に川も流れてるしね

ちょっと登った所で後ろを振り向くと走ってきた山々が
20170421 (59)
穴場スポット的眺望

で、穴場スポット感があるって事は人気が無い訳で、
そんな場所には・・・
野生動物ですよ!^^;
猿が、猿がぁぁ
ほんと怖い。
またベル連打して登りましたよ。
20170421 (61)
謎のオブジェ?だったり
20170421 (62)
暮坂峠とりました

で、この峠道、恐ろしくストイック。何もありません。
お店も、民家も、自販機もないのです。
完全なる修行場です。
しかも下り側(東側)は結構斜度もキツイ。
後学の為と来たが、一人で東側から登ってきたら泣きが入っていたところ。
20170421 (63)
20170421 (64)
コレもんですよ

沢渡温泉まで下ってくると人の気配がしてきます。
ふう、ちょっと安心。
こっちからの登りは止めておこう、そう思わされる道でした。
20170421 (65)
20170421 (66)
桜が綺麗でしたよ

そして後はゴールに向かってひた走り、18時頃に到着。
お片付けして温泉に向かいましょう!
伊香保温泉に向かう途中に、夜桜を見られるポイントがありました。
グリーン牧場なる所でライトアップされていましたよ。
20170421 (72)
20170421 (67)
20170421 (68)
20170421 (69)
20170421 (71)
期せずして夜桜も見られて満足満足

ぐるっと一周してから日帰り温泉を頂いて帰りましたとさ。
20170421 (73)
遅い時間まで営業していて便利ですね

20170421 log
20170421 kouseki


スポンサーサイト

2017.04.24(Mon) | 自転車 | cm(0) | tb(0) |

気の赴くままに 弐

つつきです。

多くの方とすれ違いましたが、皆さん表情がイキイキしてましたね。
サングラスや防寒具の上から分かるほどに。
そりゃ、こんな絶景の所走れたらね^^
なんてしているうちに白根山に。
20170421 (36)
20170421 (40)
小屋が雪に埋まってます

さあ、もう少し進みましょうかね。
この先はもっとスケールが大きくなってきます。
20170421 (41)
雪が振りそうな気配

みんな大好き万座の分岐を白根山側から。
20170421 (42)
20170421 (44)
渋峠側からもお約束で

スノーボーダーさん達もいましたね。
左の丘みたいの方に向かっていました。
20170421 (46)
20170421 (45)
滑りたくなる気持ちも分かります^^

さあ、ここまでくれば目と鼻の先です。
雪壁も、ゴールも。
遠目に見えますもん。
20170421 (47)
あそこあそこ

到着!
今年は高い。昨年の倍位あるかな?
6~7mはあろうか。
これが見たかったんだ!!
20170421 (49)
20170421 (51)
20170421 (52)
落書きしたくなった
20170421 (53)
上からも収めておく
20170421 (54)
白根山もね

雪壁からはふたコーナー登ればゴールです。
上は結構混んでました。
まあ、写真は・・・ここでもいいか^^;
20170421 (55)
敢えて混雑を演出するアングルから

ねむい。。。下りは明日書こう。

2017.04.23(Sun) | 自転車 | cm(0) | tb(0) |

気の赴くままに

21日(金)の分。

この日は栃木の八重桜でも見に行こうかと思っていた。
朝のTVでやっていたからだ。
退社後その辺りを調べていたら、
【4月21日金曜日志賀草津道路開通】と発見。

よし!渋峠に行こう!!

と前日の夜に気分次第で決めた渋峠行。
去年は雪壁低かったしね。
高い雪壁みたいからね。
渋峠単品だと物足りないからもうひと山登ってから行こうかな。
榛名山を裏(伊香保)から登ろう。
弱ペダ2年目のインハイコースを辿ろうか。

って事で道の駅おのこからスタートです。
20170421.jpg
時計30分遅れてるよ・・・

榛名山経由ですから5時頃にスタートしようと思ったのですが
道の駅に着いたらウトウトしちゃって2時間半遅れてスタート。
天気予報は曇り。絶景は見られないかな?まあ雪壁を見られればいいので
曇りでも仕方が無いと。一応GPVを見たら・・・雪雲来てんじゃん^^;
どうすっかなあ?ルート変えようかな?
なんてスマホ見てたらウトウトして7時半スタートに。
とりあえず行けるとこまで行ってみましょう!
20170421 (2)
インハイコースは県道33号を榛名山へ

ここから結構な登りになります。
伊香保温泉までが何気にキツイです。
20170421 (3)
まだ桜が咲いていますよ

温泉から先は実は穏やか目。
碓氷峠位の印象でした。
20170421 (4)
漫画の中のワンシーンのコーナーとか

温泉より先はコーナー毎にコーナー数が分かる看板があります。
そしてゆるゆる登っていると10~11コーナー間でニホンカモシカに遭遇。
左の茂みの中5mからいきなり表れた。そして3m後ろを通りぬけていった。
もうね、ほんと止めてほしい。
野生動物スゲえ怖い。しかもでかかった・・・。
突然過ぎて写真すら忘れてたわ。
それでも途中展望台に寄ったりしながら進んで行きます。
20170421 (5)
20170421 (6)
20170421 (7)
薄曇りで見晴らしは良くなかった

長居は無用です。行きましょう。
ちょっと進むと最高点へ。
20170421 (8)
有名な?標高看板

後はくだりです。
気持ち良く下っていきますよ。
20170421 (9)
20170421 (10)
久々にヒャッハー!と飛ばしちゃったり
20170421 (11)
観光的には淋しい時季か

R145まで下っていきます。
国道で渋峠行の拠点として何度か使った長野原方面へ。
20170421 (12)
道なりに下ってきてR145へ
20170421 (14)
目立つね こいつ

今回で4回目。そのうち3回でここを通ってるな。
この辺まで来ると結構気持ちが盛り上がってくる。
そしてその先の長野原から登って行きましょうかね。
20170421 (15)
チェレステ川の鮮やかな色彩

天候は・・・う~ん、やばいか?
まあ行けるだけ行ってみましょう。
20170421 (16)
雪降ってないといいが

そんなに寒気寒気言ってなかったから大丈夫な気もするが。
とにかく登っていきます。
20170421 (17)
登りらしい登りに差しかかる場所には大所帯な鯉のぼりさんが

そろそろ草津に着きそうかなって所で山並みが見えた。
20170421 (18)
好転してきたか?

しっかし自転車乗りが人っ子一人もいないなんて・・・。
渋峠初日やぞ??
自分が寝坊したからもう皆登っちゃったのか?
とは言え誰もいないのは淋しいね・・・。
なんて思っていたら草津で一人すれ違った。
平日だしこんなもんなのかなあ?
と思いながら進む。
20170421 (19)
ちゃんと開通してた

さ、こっからが今日のメインディッシュですよ。
さあ、行こうか!
20170421 (20)
まずは白樺のお出迎えがあり

その先のロープウェイ乗り場で2人目の方とすれ違う。
おお、いるじゃなあいか自転車乗り。
これなら10人位とあえそうだね。
そして登ります。
20170421 (22)
20170421 (24)
20170421 (25)
硫黄臭い毒ガスゾーン

ここまで自転車の方は2名。
平日とはいえ淋しいよなあ、なんて思いはすぐに無かった事に
なるのです。
来るは来るはでもの凄い人数とすれ違いました。
春の荒川CRか!?
のように多くの人が下ってきました。
20170421 (29)
20170421 (30)
20170421 (31)
20170421 (33)
20170421 (34)
20170421 (35)
下って行く人たちを撮ったり

話し相手のいないぼっち旅です。
すれ違い人数をカウントしていたら
下ってくる人で23人。登ってくる人は16人。
到達点で3人の方と、それはそれは多くの人たちがいたのでした。


2017.04.23(Sun) | 自転車 | cm(0) | tb(0) |

まだだ、まだ終わらんよ2017

17日(月)の分。

夕方から夜にかけて崩れてくる予報。
じゃあ、雨が降る前にひとっ走りしてきますか。
って事でこの日は飯能まで軽く走ってきました。
20170417.jpg
20170417 (2)
飯能に入るといい感じに満開です

今年は仁田山峠の桜を見たかったのです。
桜の前の季節に通った事がありました。たしか子の権現の帰りかな?
「この山坂道一面に桜が咲くんだろうなぁ。」と見上げた記憶があります。
20170417 (3)
名栗湖側から登ります

そこそこ手応えのある坂ですが、先日の浄土平の強風激坂を
経験したばかりなのでピクニック気分です(まあ、いつもゆるポタですが)。
20170417 (4)
20170417 (5)
桜に囲まれながら登る坂は気持ちがいいものです

ちょうどこの頃から風が出てき、て桜の雨が優しく舞い散りだしました。
20170417 (6)
スマホカメラでここまで写るのだから相当なものです

穴場スポット的な景観からの下りでの数枚を。
20170417 (8)
20170417 (9)
20170417 (10)
20170417 (11)
やっぱ飯能はいいですね

そして念願のゆずの庄でうどんを頂く。
当然大盛りをね。ケーキセットのチーズケーキも美味しかった^^
20170417 (12)
20170417 (13)
こしのあるうどんがたまらん

そして早めの撤収です。18時頃から雨が降ってきましたが、
余裕を持っての16時帰宅で問題なしと。
いい時間を過ごせましたとさ。
20170417log.jpg
20170417kouseki.jpg

2017.04.19(Wed) | 自転車 | cm(0) | tb(0) |

後半戦もいい景色

つづきです。

命からがら浄土平に到着。
お昼食べて一休みしましょう。
って食堂休みだったよ・・・^^;
そうね、さっきまで通行止めだったからね。
仕方が無いので売店でメンチカツ食ってやりましたよ。

ほどほどに休憩していきましょうかね。
出発が遅かったから15時頃から下りだす。
下りとは言え写真いっぱい撮るだろうから暗くなる前に
帰れるように配分しないとね。
20170414 (31)
まずは雪壁をめざしましょう

この辺から雪の回廊が始まります。
20170414 (32)
20170414 (33)
20170414 (34)
たまんないです ここ

ほぼ貸切ですよ!!
こんなとこまでチャりで来る人を見て、
たまに来る車に乗った人たちの驚きの表情や、半笑いや、
ドン引きの表情を見るのが楽しかったです。
それはさておき、今年は見る事が出来ました!
こっちからの安達太良山。
20170414 (35)
この雄大な景色

遠くに磐梯山も見えます。
天使の梯子が降ろされていて、
まるで絵画のようでした。
20170414 (36)
あそこまで行って見たい気もするが

時間もありますからね。程ほどにして帰りましょう。
20170414 (37)
20170414 (39)
土湯方面もいい景色なんですよ
20170414 (40)
きりぎり日が落ちるまでには間に合いそうでした


今回の浄土平もいいモノが見られて最高でした。
ベースの気温が高かった為に体が芯まで冷える様な寒さでは無かったし、
暗くなる前に帰って来られたしでよかったね。
それにありえないほどの強風でとんでもない体験もしたし。
総じて満足度の高い遠征となりましたとさ。
2010414 s
土産もゲットしたりで
20170414 log
20170414 kouseki


2017.04.18(Tue) | 自転車 | cm(0) | tb(0) |

昇天極楽平

14日(金)の分。

連休二日目。
この日の方が気象は安定しそうな予報な為、
もっかいトライする事に。
20170414.jpg
久々に車泊 から見える目的地

昨日の通行止めは解除されずだったが、
降り積もる感じでは無かったので日が出れば解除されるだろうと、
前向きな想定からの出発。
20170414 (2)
コレはいけそうでしょ

出発前に事務局に電話で確認した。
断定はできないが昼過ぎには通行止め解除になるかも。
と言う事なので高湯まで登る。
13時解除の情報から、90分程高湯温泉辺りで小休止してから進む。
20170414 (3)
10分程ゲート待ち^^;

さあ行こう!
20170414 (4)
20170414 (5)
道は綺麗に除雪されています

高度があがってくると徐々に景観が変わってきます。
昨年より雪が多いですね。
でも全面雪山では無くて岩肌も露出しているのがポイントですね。
20170414 (7)
20170414 (10)
20170414 (13)
20170414 (15)
異界感が増してきました

このコーナーからの
20170414 (18)
20170414 (19)
この絶景である

が、こっからがヤバイ。
風が身の危険を感じさせるほど強くなってくる。
たて掛けた自転車が飛んで行ってしまうかと思う位だ。
20170414 (20)
20170414 (21)
20170414 (23)
20170414 (24)
20170414 (25)
20170414 (26)
20170414 (27)
やっぱ浄土平は絶景だわ!

そう絶景。
とんでもない絶景。
なかなかお目にかかれない景色でしょう、これは。
しかも雪のおまけつき!
なのですがね。。。。
風が、風が強すぎた。
どの位の強さだったかって言うと
クランク回さなくても
20170414 (28)
坂登ったぞ!!!
今まで何十年と生きてきて、こんな物理法則に反する事は
初めての経験だ。
dcd7c243cab97e0c3f5e45d8e13dba5b.jpg
ありえない

5~6%の登りなんですが、ヘアピンで切り返して追い風になったら
ペダルが一気に軽くなった。
そして登り坂を座っているだけで登って行くと言う
イリュージョンをその身で体験した。
たぶん20m/s以上の強風がふいていたと思う。

「あ、これか?コレなのか?
これが極楽浄土に登っていくと言う事なのか。
翻ってアゲインスト。
当然地獄。
久々にみた、時速5km台。
とんでもねぇ激坂登らされている感じだった。
20170414 (29)
最後はほんときつかった
20170414 (30)
浄土平到着!

軽くお昼を摂って雪壁方面に行きますかね。

つづきます。

2017.04.17(Mon) | 自転車 | cm(0) | tb(0) |

安達太良とか

13日(木)の分。

ymme.jpg
≪雪解け真近の 北の空に向い過ぎ去りし日々の 夢を叫ぶとき≫

艶っぽい歌声にしとどに濡れた。
山口百恵の【いい日旅立ち】に触発され北上した。

目指すは浄土平!

連休でした。
どこに行くか決まって無かったんですよね。前夜まで。
ロングに出ようかな?とか思っていたのですが
某サイトで浄土平が出ていたので急遽福島行き決定!
今年は雪が多い(例年並み?)らしい。
昨年は安達太良山が見えなかったし、今回は見てみたいと
そんな理由からの決定です。
さ、出発出発!
20170413.jpg
夜明けとともに

予報では福島方面はバリッバリの北西。
連休でハングのクロカンって考えもあったんですけど、どう考えても
北西に負けるのは見えていたので初日はチャリ。
2日目にクロカンでこの辺まで飛んで来られたらカッコいいんだけどね、
なんて思いながらの道の駅到着。
20170413 (2)
あら。。。また雲が掛かっちゃってる

福島市街は快晴だったんですけどね。
まあ、山側はこんなんなってきましたよ。
20170413 (3)
ちょっと冷たい風が吹き下ろしてきた

まあ行ってみましょうか、と登り始めて1/3辺りの高湯温泉あたりで・・・。
20170413 (4)
雪降ってきた!!
20170413 (5)
徐々に本降りに
20170413 (6)
避難小屋でやり過ごします
20170413 (32)
雨雲レーダーで見るとあと少しか

本降りになったので避難小屋(と言う名のバス停小屋)で一時間ちょっと
待機。ここまでで結構汗をかいていたので冷えて寒かった。
下っていくロードの方が2名。
上は雪が強いのか?
震えながら待っていると薄っすら明るくなってきて。
20170413 (7)
さあ行きますか

高湯温泉を抜けて2,3カーブ曲がった先で止められた。
「この先降雪の為通行止めになります。」
今さっき役所の方から通達があったとか。
20170413 (8)
残念ですが戻りましょう
20170413 (9)
係の方と話していると吹雪いてきた

雨雲レーダーもあてにならんな。
仕方が無いので下山しましょう。降りるにつれて明るくなってくる。
ぱっと見いけそうな気がしてくるから怖い。
20170413 (10)
電光掲示板にはスカイライン通行止めの文字が

どこ行くか決まって無かったので、安達太良方面に行ってみる事に。
20170413 (11)
右手に登れなかった山々を見ながら進みます
20170413 (12)
20170413 (13)
おなか減ったので昼食をね

安達太良山も見えますね。
いける所まで行ってみましょう。
あわよくば猪苗代湖でも見に行こうかな。
な~んて思いつきで進んで行きましたが。。。
20170413 (14)
20170413 (15)
20170413 (17)
やった 安達太良山見えたよ!
20170413 (18)
そしてまた降雪!

う~ん、この降りはイカンね。
残念ながらこの辺でリターンする事にしましょう。
土湯温泉方面から二本松方面に下っていきます。
20170413 (19)
20170413 (20)
20170413 (22)
振り返るとこんな感じでした

もう少し見所が欲しいなあと地図とにらめっこして
なんか気配のありそうな霞ヶ城公園によってみた。
20170413 (23)
20170413 (24)
20170413 (25)
20170413 (27)
20170413 (26)
桜は2・3分咲き 

とても雰囲気のいい城跡の公園でした。
これで桜が満開なら完璧でしたね。
でこの公園、高台にあって見晴らしがいい。
20170413 (28)
麓を走ってきた安達太良山の見晴らしが素晴らしい

この日は浄土平にいけませんでしたが、そこそこいい景色を見られたので
良しとしましょう!
そして日帰り温泉ですよ。
旅館で日帰り温泉いただける所がありましたので突入。
20170413 (30)
福うさぎで日帰り温泉~!^^
20170413 (31)
貸切だった!!!

20170413log.jpg
20170413 kouseki
もう1・2時間走ってもよかったかもねぇ

2017.04.16(Sun) | 自転車 | cm(0) | tb(0) |

抑えられないものを抑える

先日、いつだっけ?
あ、先週だった。3日(月)だわ。
20170403 matome
まとめて買っといた

だいぶ作家さんが偏ってきた・・・^^;

2017.04.11(Tue) | 日常 | cm(0) | tb(0) |

刻まれる記憶

最近読んだ中で圧倒的に印象に残った本
20170411 (11)
20170411 (12)
恩田陸『ユージニア』

こんなにも不安と期待をかきたてる作品もあまりないだろう。
いったい何が起きているのか?
犯人は・・・なのだろうけどなぜ?とかどうやって?などの
動機や方法論を問わず存在感が物語の中核をなす。
胸が湧く、活字を追うのがここまで楽しいとは。
20170411 (15)
5章と11章の夢の通い路が凄い

夢の通い路では何とも表現しがたい感情を抱いた。
不安とも期待とも、または昂ぶる様な感情も併せ飲んだような
不思議な感覚。そして実際息が詰まる様な経験。
とても印象深い作品でした。

2017.04.11(Tue) | 日常 | cm(0) | tb(0) |

薄れゆく記憶

幾冊か読んだ本を。

20170411 (7)
20170411 (8)
道尾秀介『月の恋人』

マルチストーリーっぽく始まって、読み進めて行って繋がりが
見えてきて楽しい読み出しだった記憶がある。
ある程度読み進めると月9ドラマみたいだなあ、との感想を
抱くにいたったが実際月9ドラマだった。


20170411 (9)
20170411 (10)
乙一『きみにしか聞こえない』

乙一作品にしてはあっさりしすぎていたかなぁと思われた。
もう少し負の感情とか暗い情念を積み重ねてほしかったな。


20170411 (5)
20170411 (6)
篠田節子『廃院のミカエル』

ギリシャ・アテネとキリスト教。文化的に馴染みが無いので
読むのに苦労したのを覚えている。
でも作品としては緻密に描かれており緊張感が迸る
読みごたえのある作品だった。


20170411 (13)
20170411 (14)
乙一『失踪HOLIDAY』

カバーの表紙が見つからない。どこにやったんだろう。
2編収録されており『しあわせは子猫のかたち』が印象的。
ネガティブな表現が心にしみる。
そして結末が・・・。忘れていた、これって乙一作品なんだ。
そう思わせる読み終えてニヤッとした作品だった。

2017.04.11(Tue) | 日常 | cm(0) | tb(0) |

薄れる記憶

今日は季節がふた月も戻った様な寒さの雨。
いっそのこと雪でも降ってくれればいいのに。
さすれば外に出て雪化粧を施された桜を見られたのに。

ひと雨ごとに季節も安定しよう。
先日長距離走った翌日、スーツを着た時にズボンが
スッカスカだった。さすが長距離走ると痩せるぜ!
と思ったが暖かい日だったのでタイツを脱いだだけだった。
そしてまたタイツを履く様な寒さに戻った。
これをメンドクサイと思わず、移ろう季節の小さなわがままと
楽しんであげる余裕が必要だ。
そんな今日はゆっくり過ごした。

だいぶサボってた本の事でも。
20170411.jpg
20170411 (2)
三島由紀夫『複雑な彼』

それ程印象に残らなかったかなぁ。
三島作品は精神的に研ぎ澄まされた中に美的表現を求めたい。
そんな思いだったのでちょっと物足りなかった。
でも、あとがきでモデルが安部譲二で解説も当人だったのが
インパクトだった。


20170411 (3)
20170411 (4)
近藤史恵『タルト・タタンの夢』

自転車ロードレースの作品『サクリファイス』の作者近藤史恵さんの作品。
短編ミステリーで読みやすかった。
フランス料理なんて分からないから画像検索しながら読んだ記憶が
残っている作品。

2017.04.11(Tue) | 日常 | cm(0) | tb(0) |

文化だね

6日(木)その2。

そろそろ皇居に行きましょうよ。
数キロ先ですんでスグですけどね。
20170406皇居
平川門辺りで一枚

自転車で走行しちゃうともったいないかな?
と思い歩道を転がしながら徒歩で桜を愛でる。
お花見の方や皇居ランナーで歩道と言えども気が抜けないのであった。
そんな折、前方からランナーの方が・・・

!?田中陽希 さんが!!!

プロアドベンチャーレーサーで日本百名山・日本二百名山一筆書きで
走り抜けた凄い人だ。その人が正面から来た。
人をよけながら来たので気がついたのが直前で通り過ぎるだけだった。
まあ、早く気がついてもトレーニング中に声はかけられないよね。
で、振り向いて後ろ姿を見た。
すんごい体をしてた。肉体の強靭さが桁外れだ。
TV画面で見て分かるが、実際にその目で見ると圧倒されるほど。
やっぱプロって凄いよね。

しっかし、有名人が皇居走ってたら声かけられちゃって
大変じゃないのかな? と思ったらこの日は取材かインタビューか
何かでココまで来ていたらしい。なるほどね。
そんな事もありながら皇居の桜を堪能してきましたよと。
20170406皇居 (2)
20170406皇居 (4)
乾門?だったけ 
20170406皇居 (5)
千鳥ヶ淵へ
20170406皇居 (16)
20170406皇居 (6)
20170406皇居 (7)
さすが名所の貫録です

20170406皇居 (8)
20170406皇居 (10)
20170406皇居 (11)
20170406皇居 (12)
ぐるっと一周してみましょう

20170406皇居 (13)
20170406皇居 (15)
この人出である


やっぱり皇居の桜は凄かったですね。
日本人の心の奥底で求める春の形がココにあるんでしょうね。
千鳥ヶ淵では大渋滞でしたしね^^;
じゃ、お次は靖国神社へ。
20170406皇居 (18)
20170406皇居 (20)
靖国神社も桜が咲き誇っていましたよ

桜も見た事だし、明るいうちに帰りましょうかね。
ちょっと補給してからね^^
出店でソフトクリームなど食す。ティラミストッピングで!
20170406皇居 (19)
ソフトクリームが美味しい季節になっていた

帰りの道を地図で見ていたら以前から行きたかった
レッドロックが通り道に!?
ソフトクリームじゃカロリーが足りなかったので寄って行きますか。
実際お昼食べて無かったしね。
20170406皇居 (21)
20170406皇居 (22)
和牛ステーキ丼大盛りで お値段2,000円でした

桜を見る事が出来たしステーキも食べたし満足満足。
明るいうちの帰宅で余裕を持って当日中に車体の清掃も完了!
春の桜ゆるポタらしい一日でした。
20170406 log
20170406 kouseki

2017.04.09(Sun) | 自転車 | cm(0) | tb(0) |

都内の峠を登る

6日(木)の分。

この日は山でも登りに行こうかと思っていたのですが、
アサシンのタイヤが随分すり減っていたのでパンクを懸念して
新調するまで自重する事に。
よってRNC7でお花見@平地である。
山は来週に咲くでしょうしね。

じゃあのんびりポタリング気分で皇居にでも行こうかな。
都会を散策するのでストレッチジーンズにしちゃおう。
上は一応サイクルジャージで。
靴はスニーカーに見えるSPDシューズで。
20170406 (30)
これなら都内でも普通でしょう

さて出発。都内は交通量が多いし好きじゃないんだが、
通勤時間では無かったので殺伐とはしていなかった。
この日は18℃とか20℃とかとても暖かかった日。ほんのり汗ばみそうな
速度で気持ち良くビルの合間を走る抜ける。
視界の端に桜が入る。
20170406 (2)
20170406.jpg
石神井川かな?ちょっと遠いけどいい感じです

写真だけとってすぐ南下。都内は信号によくかかる。
そんな折、とある信号待ちをしていると
【←六義園900m】
の看板が目に入る。

六義園って確か有名な所だよね?
ちょっと覗いてみますか。
巣鴨・駒込間に位置しているようです。
20170406 (25)
入園料300円です

人がとても多かったですね(ご年配の方が^^;)
20170406 (4)
20170406 (5)
20170406 (6)
20170406 (7)
20170406 (8)
写真多めで行きますよ

とてもきれいな園内。洗練された感じが都内にいる事を忘れさせます。
200m四方位の敷地でしょうか?実際はそれ以上に広く感じられます。
園内には峠もあります。
当然登るでしょ!
20170406 (9)
20170406 (10)
あら素敵!
20170406 (11)
少し目線を上げると都内だと気がつくのです
20170406 (12)
あら?紀ノ川?

20170406 (14)
20170406 (17)
20170406 (16)
20170406 (19)
各々いい表情をしていまして

先まで都心のコンクリートジャングルを走り抜けていたのに、
急に風流な世界に浸ってしまった。
折角なのでお茶屋で雰囲気出しておく事にした。
20170406 (21)
桜もちとお抹茶をいただいたり

ちょっとだけの寄り道が、思わぬ収穫になりました。
六義園、良かったですよ!
20170406 (15)
秋は秋で紅葉も楽しめそうですね

六義園を出てすぐに小石川辺りで桜祭りに遭遇。
20170406 (27)
20170406 (28)
桜坂でした

なかなか皇居に着かないなあ^^;
まあ、ゆるポタだから寄り道が醍醐味なんですよね。
分けよう。

2017.04.08(Sat) | 自転車 | cm(0) | tb(0) |

桜セブン

続きです。

次なる目的地へ進みましょう。
小腹が減ってきましたが、目的地でお昼にしたいところ。
もう少し我慢して走りましょう。
20170402 (16)
弱虫ペダルのファンが喜びそうな『荒北』看板

景色がだいぶ長閑になってきた頃に到着。
20170402 (17)
小見川城山公園です

北総随一のお花見の名所と言われているようです。
ぬぬぬ。3分咲きでしたね^^;
まあ、空港が3分だったので予想はついていましたけどね。
20170402 (18)
赤橋が趣深いものがあります

お腹が減ったので茶屋で焼きそば大盛りをいただく。
じゃ次のスポットに向かいましょうか。
すぐ近くの香取神宮へ向かいます。
20170402 (20)
お土産やらお団子やらお店がいっぱい

20170402 (22)
立派な鳥居です

こちらは5分咲きだったでしょうか。
木によってはしっかりと咲き誇っていますが
全体的にはもう一息ですかね。
ですが佇まいが非常にいいのです。
日光に雰囲気が近いかな。
20170402 (23)
20170402 (24)
20170402 (25)
こんな感じで
20170402 (19)
20170402 (27)
20170402 (26)
何か見える
20170402 (28)
樽発見!w
20170402 (29)
20170402 (30)
20170402 (33)
写真いっぱいでお送りしました

さてさて、パワースポットとしても名高いこの地で
体力も回復し次の場所へ進みましょうか。
リターンの道は利根川CRで行きましょう。
20170402 (34)
海から40㎞辺りで利根川CRに入りました

CRは広くて綺麗で走りやすい。
東風フォローで快適快適!
余りにも快適すぎて眠くなってしまった。
小腹も空いてきたしコンビニがあったら入ろうかと思いきや、
20㎞程お店が無い。
CR沿いにR356が走っていて目視できる距離なだが一向に
お店が出てこない。真夏とかは水分切れちゃったら大変だろうね。
R408の長豊橋を過ぎた辺りにミニストップ発見。
20170402 (38)
やっとこさ補給ができる

20170402 (36)
20170402 (37)
ダークマターでカロリー補給

おにぎり2個とダークマター、甘い飲料800kカロリーゲット。
後半戦に臨みましょう。
20170402 (40)
菜の花街道を西へ西へ

お腹も満たされどんどん進む。
目指すは野田の清水公園です。
千葉県内人気ナンバーワンらしい。
20170402 (41)
屋台がいっぱい出てましたよ

人が切れる瞬間に写真を撮りましたが、相当な人が出ていました。
門をくぐった所にも屋台がいっぱい。お花見の方々も大勢いましたね。
20170402 (44)

公園の方はお花見客が多い。
時間もまだ夕方と言う事もあってか?飲み会より
ご家族団欒のお花見客が多かったね。
公園は賑やかでしたが奥まった金乗院は閑静な佇まい。

20170402 (42)
20170402 (43)
ありがたみを感じる桜

さてさてさて。
当初の目的は達したのでそろそろ帰ろうか。
と思ったのだが、もう少し走りたい気分になってきた。
うんじゃあ、伊奈の桜でも見に行こうかな。

伊奈町無線山桜並木へ向かいます。
時間的に日が暮れて夜桜になるでしょう。
20170402 (45)
右側に結構屋台が出てますね
20170402 (46)
奥まで歩くと寂しくなりますがそれがまたイイ

では、この辺で・・・帰るのはもったいないかなぁ。
最後に大宮公園に行きますか。
帰り道ですしね。セミ地元だしね。名所だしね。
と、さまざまな理由から最後によってみました。
さすがにスケールが違いますね、ここは。
もの凄い人出でした。平日の夜なのにね^^;
20170402 (50)
20170402 (49)
桜の下は大宴会w

さすがにお腹が減ったのでちょっとだけ補給。
後10㎞チョイだし軽くね。
20170402 (48)
唐揚げ!!^^

本当はじゃがバター食べたかったんだけどね。
軽くてお安いものを。
しかし屋台の食べ物は美味いんだよなあ。


最後は大宮公園のお祭りの様な夜桜をみて帰還。
この日は7カ所のお花見スポットを巡れて大満足でした。
馬橋の坂の桜⇒成田市さくらの山⇒小見川城山公園
⇒香取神宮⇒野田清水公園⇒伊奈町無線山桜並木
⇒大宮公園 
狙い通りの250km。
首は微妙に違和感が出た程度。
1ヵ月でほぼ完治と言ってよさそう。
この分ならもう大丈夫だろう。
この先まだ違和感が残ったら、CTとかでも出ないやつなので
生体とかになるんだろうけど、まあ忘れたうちに治ってる事を願おう。
20170404 log
20170404 kouseki



2017.04.08(Sat) | 自転車 | cm(0) | tb(0) |

桜 桜 桜 桜 桜 桜 桜

4日(火)の分。

この日は桜巡りのロングライド。
首の不調もほぼ完治。来るべき自己への挑戦への試走である。
これで痛みが出るようであれば、しかるべき対応が必要となろう。
そんな前置きで、行ってみましょうか。

目算で250km位をね。
三浦半島を考えてみたが都内を通過するのが嫌だったので
千葉方面へ。千葉の有名どころを巡ってみましょうか。
4時頃出発。浦和駅通過で東征東征。
20170402_201704072034141e9.jpg
夜明け前から走る気持ちよさ

明るくなってきた頃に馬橋の上り坂の桜を拝む。
普通の住宅街の上り坂ですが、なかなかのスポットです。
20170402 (2)
朝焼けの若い日差しと桜

混んでくる時間前に常磐線を超えられてなかなかいいペース。
以前走ったR464は綺麗で広くて走り易かったので、今回も途中まで
同じルートを辿る。
昨年は印西辺りで工事中で途切れていた道が成田方面まで
伸びていた。
20170402 (7)
R464が延長されていました

この新設区間は舗装の質がよくて路側帯も広い。
20170402 (3)
東方面に向かう(下り方面?)道はガラガラだ

先は長いですからね、飛ばしたくなる気持ちは抑えめにして
ちょっとだけ回す。これ程路面が綺麗だとスムーズに転がる。
ゴキゲンで回していると
ッブバ ブッシュー!!!
パンクした。
なんも踏んだ覚えないんだけどなぁ?
なので凄く焦った。
まあ、全然車がいなかったのは幸いでした。
国道で交通量が多かったら結構危険でしょうしね。
とりあえず修理をと。
20170402 (4)
ばっちりです

しかしまだ出発して70kmそこいら、1/3しか来てないってのに、
チューブとCo2カートリッジを使ってしまった。不安しかねえ。
20170402 (5)
印旛沼でパンクです
20170402 (6)
印旛沼を一枚

パンクしたのが8時頃だったか?
パンク修理して一息。地図を確認などしてここでまた不足な事態に気がつく。
スマホの電池残量が・・・おかしい・・・。
30%しかない!?
満タンスタートで4時間位しか経ってないのにである。
ああ、過去に一回あったね。
妙に重くて変にバッテリーが減る症状。
「まあ、別に地図なくても勘で行けなくもないだろう。」
な~んて思ったのだが、
桜の写真が撮れない・・・
のは不味いよね。

って事で成田で寄り道。
成田のイオンモールでチューブとバッテリーを購入。
20170402 (8)
9時開店でした ありがたいことです

保険もかけた事だし出発しましょう。
次の目的地は成田市さくらの山公園です。
成田空港に隣接し桜と航空機を同時に眺める事が出来る
人気スポットらしい。
もう空港の傍なのでもの凄い密度で航空機が飛び立っていきます。
成田市内に入ってましたからね、すぐ到着です。
20170402 (10)
公園からは滑走路が見えます
20170402 (9)
20170402 (11)
20170402 (14)
このようなショットが拝めます

飛行機好きにはたまらない場所でしょう。
平日にもかかわらず、多くの写真愛好家の方々が撮影に勤しんでいました。
こうゆう場所に来ると良いカメラが欲しくなりますね。
20170402 (15)
20170402 (12)
桜の方は3分咲きでしたけどね^^;

さて進みますかね。
次なる目的地は小見川城山公園です。
千葉県内で人気2番目の場所らしいです。
東のアゲインストですが30㎞ちょっと頑張りましょう。

分けようか。

2017.04.07(Fri) | 自転車 | cm(0) | tb(0) |

しゃかれしゃかれ

2日(日)の分その2。

これがやりたかった!
20170402 (2)
チェーン清掃@灯油シャカシャカ

先日ミッシングリンク化して清掃体制が整った。
後は汚れ待ち^^;
風張林道と夜錬とイタクラで200kmも走ってないから
それ程汚れて無さそうなチェーンですけどね。
いってみましょう。
20170402.jpg
そんなに黒ずんでませんが

ちょっとシャカったら真っ黒に!!
20170402 (3)
その後泡まで真っ黒になった・・・

余りの洗浄力に引いた。
で、軽く拭いたみた。
20170402 (4)
まっ 眩しい!!

えっらい綺麗になったので、スプロケも外して清掃しましたよと。
20170402 (5)
こりゃいいね

気持ちがいいほど綺麗になったので遠出がしたくなるのでした。

2017.04.07(Fri) | 自転車 | cm(0) | tb(0) |

ふみてつ

サボるのは簡単で、巻き返すのは手間がかかるもので。
ま、書いていきますか。

2日(日)の分。
夜練です。
ケツはもう完全回復でしょう。くしゃみしても痛くなかったので。
じゃあ久々にRNC7で踏み倒しますか!

信号の立ち上がりでダンシング。
ワンテンポ貯める様なタイミングからの加速感が気持ちいい!
信号で止まる事が楽しみでもある。
そんなマインドで臨んだ夜錬だったのでした。
20170402 log
20170402 kouseki
いつもの20㎞をね

2017.04.07(Fri) | 自転車 | cm(0) | tb(0) |

本物か

飛んだら回収。
一粒で二度美味し板敷。

そんな板敷で凄いものを見た。
この日は暖かかったですからね。
常磐からエリアに向かうまでに3人のロード乗りの人を見た。
やはり春になると皆さん活動的になりますよね。

そんな日のテイクオフに登ってくる人たちがいた。
筑波山や足尾方面に登る人は多いけど、
こっちに来る人は極稀なんだけど^^;
ってよく見たら黄色い弱虫ペダルジャージ!?
おおうっ??
【弱虫ペダルサイクリングチーム】
実業団の人たちじゃないですか!!

ま、ま、まさかの遭遇。なんでこんなところで。
後に分かりましたが、ツールド栃木の練習だったとか。
それにしてもこっちを走るなんてね。
あと少し遅い時間だったら後ろからぶち抜かれてたのかぁ。
おしい。おしかった。
まあいいか。
それはさておきイタクラ。。。は飛びで疲れて全く振るわず。
20秒位遅かったか。
今回は仕方が無いやね。
20170330 log

2017.04.01(Sat) | 自転車 | cm(0) | tb(0) |

おおよそ狙い通りに

30日(木)の分。

春めきの予報16℃とか17℃とか。
南っぽくなるらしいし飛びに行きますかね。
chart00_P3-800m_20170330_09.png
見た目際どそうだけど悪くない

時期的にはクロカンなんだけど、回収の手間など考えるとね^^;
いつも通りの時間の板敷行。
お久しぶりのO野さんとN吉さんも登場。
N吉さんと自転車の話とかO野さんが40年前のケルビムを
所有しているとか、そんなお話などなど。

飛びは12時半位か。少し揺れながらの1,000mまで。
その上からは西成分が4~5m/s入ってくる。
板敷で流れて1,800mだったので難台へ。上げ返してもっかい
1,800m。雲の展開が早い。
板敷を離れる時に難台に雲が出来て、上げきって雲が消えて
板敷を見ると雲が出来ている。
20170330 itajiki
飛行機雲がはしったり
20170330 itajiki (2)
違うアングルから同タイミングだとこんな感じか

筑波・足尾方面からも雲の生成が見て取れたので
機首を向ける。800m位で足尾に。
1,000m以下の盆地内は南東?足尾テイクオフは正面だったかな。
もっかい上げ返して1,800m。
20170330 itajiki (3)
リフトは強いがエグくはない+6

稜線より風上の西側が美味しいコースでしょうか。
筑波1,300mで着。
20170330 itajiki (4)
残雪が見えますね

筑波で上げ返して帰ります。
ここも1,800mまで上がりました。
帰りは結構引き込んで気持ち良く走りましたとさ。
20173030 itajikikouseki
2時間2分 1,805m +6.0m/s

2017.04.01(Sat) | Fly | cm(0) | tb(0) |

からが本番

25日(土)の分。

夜練@アサシン。
もうケツは大丈夫なので気張って走ってきましたよと。
回転上げてハァハァしつつも、久々に踏み込んじゃったりして。
やっぱり踏み込んでる方が走った感を強く感じられるので楽しい。
本当は回した方がいいんだろうけどね。
この辺はフィーリングの問題で^^;

楽しくってモリモリ踏み込んでたら足攣った!!
ふくらはぎが激しく攣ってしまった。
だが、「攣ってからが本番。」って
言葉があるように←(?)ココからが気合の入れどころである。
上手く踏み込まない様に回しながら、痛まない様に走り抜く。
負担を減らす様に工夫しながら走るのもまた楽し!
そんな夜練でした。
20170325 log
20170325 kouseki


誰だよ「攣ってからが本番」とか言ったやつ!
29日(水)になっても足いてえぞ^^;



2017.03.29(Wed) | 自転車 | cm(0) | tb(0) |