プロフィール 

しん

Author:しん

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-

終止符を

10日(木)の分。

この日は歯医者。
6度目の治療で終止符を打った。
早朝や深夜に治療ができれば時間のやりくりに幅が出来るが、
そうもいかない営業時間で自転車の乗るのは100kmが丁度良い。
この日も治療後にいつもの100kmコースに。
20170810 1
雲行きがアヤシイですが・・・

予報では夜から降るらしいので、ささっと走ってしまいましょう。
平均速度は上がらないだろう。何せ東後~北東の風だ。
たぶん葛西臨海~江戸川CR~三郷~浦和のトライアングルでは
相当分の悪いパターンだ。
まあいいか、走れるだけいいよね。わがまま言っちゃいけません。
20170810 2
20170810 3
葛西のガリッガリのカキ氷をいただく

カキ氷がガリッガリ過ぎて頭が痛くなる。
一気に食べきれない分を水筒に入れる。
これ、いいじゃん!
シャリシャリのメロン水がずっと飲める!
夏場はこの作戦で行こう。

江戸川で北東に阻まれ進まない。
少し手を抜いてしまった。
いかんなぁ・・・。
20170810 log
20170810 kouseki

スポンサーサイト

2017.08.12(Sat) | 自転車 | cm(0) | tb(0) |

中一日ですが

8日(火)の分。

中一日の夜練@RNC7
体調がよくなって楽しかったから夜走って来た。
普通に運動ができるってのはありがたい事です。
20170808 log
同じコースで

2017.08.12(Sat) | 自転車 | cm(0) | tb(0) |

準備的な

6日(日)の分。


夜練@RNC7
でぶった体重を戻すつもりで走る。
大弛峠前で+3kgで61kg
走り終えて大飯食らってビール飲んで59kg。
じゃああと1kg落として通常運行へとね。
20170806 log
平地だと体重の増減は良くワカラン

2017.08.12(Sat) | 自転車 | cm(0) | tb(0) |

夢見たあとで

続きです。

おおだるみ、中だるみしてしまった。
さあ、書くか。

残り15㎞の所が最初で最後の補給ポイントで
ひと休みしたので、頑張って登りましょう。
15㎞ありますが前半の7㎞はゆるゆる。
お喋りしながら楽しく登れるレベルです。
ボッチですけど。
ラスト8㎞位でちゃんとした登りになります。
20170803 (22)
20170803 (23)
序盤は優しさを供に

だいぶガスってきましたが、雨が降らなかったので良しとしましょう。
晴れていても景色は見えないんですよね、林が高くて。
なのでむしろ日差しが抑えられていて助かったのでした。
20170803 (24)
1㎞毎に残り㎞が標されています

まあ、こんな感じだったので地味~に登って大弛峠到着^^;
周りが・・・白い・・・。
20170803 (25)
高いとこに登って来た気がしないと言う

眺望は期待できませんが行ってみましょう、夢の庭園に。
徒歩15分と言う事ですが、例のアレで10分ちょっとです。
20170803 (26)
20170803 (27)
いったい どんな 庭園なんだ

ガスっちゃってるのは分かってたんですが、実際景色のご褒美が
無いのは残念。
ほんの一瞬だけ切れる瞬間があっただけで、あとは少し待ってみたけど
ガスが晴れる事はなかった。
20170803 (29)
20170803 (30)
20170803 (28)
瞬間的に金峰山の方が晴れた

参考までに、拾い画像を。
20170803 sannkou hiroi
こんな感じらしい

五里霧中な夢の庭園は五里夢中で夢の中の世界だった。
岩の上で浮遊感を味わいながら現実を忘れた。
20170803 (33)
20170803 (34)
晴れた時に来ないとね そのうちね

じゃあ帰りましょうかね。
北方面、川上村方面に下る道はあれどダート。
舗装路だったら下って東に走って秩父へとか、西に走って八ヶ岳とか
出来たんだろうけどね。
20170803 (36)
ここは大人しく戻りましょう

下りは登りの時に撮れなかった写真などを交えて。
ってかこれしか楽しみが無いのです。
景色見えないから。
20170803 (37)
20170803 (39)
20170803 (41)
20170803 (42)
川と滝しかねえ^^;

雲の下まで来た。ちょっとだけ景色が見えてきた。
20170803 (40)
冴えねぇ

15㎞の補給地点の南側に乙女湖がありました。
どこが乙女だったのか分からなかったが乙女湖らしい。
20170803 (44)
20170803 (43)
20170803 (45)
山の奥が真っ白だ 

あの先が甲府盆地だね。
モリモリ下ろう。
20170803 (46)
20170803 (47)
20170803 (48)
イイ感じの山坂道なのでした

往路は太良峠でしたがこっちから登っても同等に大変そうですね。
いや、むしろこっちの方がキツイかもね。
20170803 (50)
20170803 (52)
20170803 (51)
森林100選だったり

盆地まで降りてきて勝沼の方にもうひと登りしようかと思ったが、
いろいろ早目の展開を考えて撤収。
日も高いうちに万力公園に戻るのでした。
20170803 (54)
明るいうちにこんな事がしたかったものですから

日が暮れるまで堕落して過ごす。
20170803 (55)
20170803 (56)
月も綺麗だったり

たまにはね。
ゆっくり温泉に入って優雅な時間を過ごしました。
今回は色々たるんでいたので前半でバテてしまった。
今後少しづつ引き締めていこうかな。
20170803 log
20170803 kouseki
20170803 kousekikoudo

2017.08.11(Fri) | 自転車 | cm(0) | tb(0) |

ものすごくたるんだあれ

3日(木)の分。

結構な日を休んでしまったので走りに行きますよ、山に。山梨に。
休んでしまいました。だいぶたるんでしまいました。おお弛みです。
なので大弛峠に行く事にしました。

【大弛峠(おおだるみとうげ)は、山梨県山梨市と長野県南佐久郡川上村の
境にある峠。 標高は2,360mであり、自動車車両が通行できる
日本最高所の車道峠である。】
って事らしい。

大弛は行かなければならない峠の一つであったので、
タルミねたを絡めたこのタイミングで行く事にした。
因みに弛みの具合は体重+3kgであり体脂肪率+2%の
体たらくであった。
病み上がりとこのタルミ仕様のボデーで登りきれるのか?
一抹の不安を抱えながらも車載し、小室祭りで山梨に向かう。
TMネットワークでテンションはキッチリ上がった。
あとは体がついていけばOKだ。
20170803.jpg
中央道っていつもこんな感じなんだが・・・

まあ、何とかなるでしょうと一宮御坂で降りて万力公園へ。
20170803 3
今回のデポ地は万力公園です

甲府盆地から大弛まで登ります。
真っ直ぐ登っちゃうと距離が短そうなので少し回り道して
50㎞で2,000m登る位でしょうか。
20170803 (4)
笛吹川沿いから

まずは県道31号で太良峠を目指します。
天気は何とかなりそうなならなさそうな。
うん、とりあえず行ってみましょう。
20170803 (5)
11km程ね

万力公園からR411へ1㎞位。そしてすぐ登りになります。
序盤はアウターで登れる位の緩めで景色を堪能。
以前、昇仙峡の帰りに寄った温泉など見えたり。
20170803 (6)
以前よったぷくぷく温泉の北側から登ります

2㎞位したらちゃんとした登りの始まり。
そしてその先は自販機も無くなります。
補給場所は35㎞走った先にしかありませんので注意。
20170803 (7)
すぐ山深くなる

登りは楽しいのだが。。。体が、体が重い。。。
やっぱ3kgの増量はだてじゃない。
汗の出方が尋常じゃない。
そうそうに息が上がった。
しかもヒューヒューいってんじゃねえか。
喉の具合が完全じゃなかったか。
いきなり苦行だゎ。
でもなんとか登り切る。
20170803 (8)
実際傾斜もそこそこきつかったですけどね

もの凄い汗をかいたので水分補給。
先は長いので残りの水分量も考えて少し控えめに。
一息ついて先に進みましょう。
20170803 (9)
分岐をクリスタルラインに向かいます

クリスタルラインに入ってからは緩斜面。
体調が良ければアウターでガンガン行けそうな位。
が、先も長いしゆっくりと進む。
20170803 (10)
こんな雰囲気の林道

写真のように林に囲まれ景色を見る事はほぼ皆無。
稀に覗く景色が眠気覚ましだ。
そう、妙に眠気に襲われた、この区間。
少し目をつむりながら走ったりしてた。
車も人も誰もいなかったしね。
20170803 (11)
意外と登ってたり

気楽な緩斜面を進んでいると弓張峠に着いてたらしい。
峠の手応えが無かったが峠らしい。
行き先の乙女高原までまだ結構あるのね。
まだ半分も来ていないようだ。
20170803 (12)
なんだかんだゆる~く20㎞走らされる

眠気を払いながら走っていると分岐に。
目的地は道なりの右。
左は以前行った昇仙峡に反時計回りに回り込む道だ。
20170803 (15)
そのまま道なりで

乙女高原に着いた。ロッジはあったけど自販機とかは見えなかったなぁ。
お手洗いはあったけど。
20170803 (16)
先に進みましょう

お、案内板に出てきましたね大弛峠。
あと17㎞だってさ。
ここが焼山峠だったらしい。
20170803 (17)
鋭角的に左折します

道中ガスってくる場面もありましたが、琴川ダム上流では
如実に視界が悪くなる。
20170803 (18)
20170803 (19)
水辺では幻想的ではあるが

このダムの北側を掠めて左折。ラスト15㎞の案内があります。
ここが最初で最後の補給ポイント。高原価格の自販機があります。
20170803 (20)
20170803 (21)
先は真っ白で見えませんが・・・

水分の補給とカロリーの摂取をする。
ボウイスカウトの合宿であろうか、子供たちがわいわいしていた。
赤飯おむすびを食べていると車が道を下ってきた。
!?
ボンネット雨粒湛えてるやん^^;;
そりゃないぜGPVさん。景色が見られないのは仕方が無いとしても
雨は勘弁してほしい。
20170803GPV.jpg
読み勝ったと思ったのだが

梅雨明けしたのに梅雨めいた感じだったから
そうそう簡単ではないと思ったが、これは手厳しい。
が、折角ここまで来たのだから厚い雨雲じゃなさそうだし
行ってみましょう。

分けます。

2017.08.06(Sun) | 自転車 | cm(0) | tb(0) |

たるみすぎ

21日(金)のイタクラの分。

飛んだ後のイタクラを書き記していなかった。
20170721 itakura
20170721itakuralog_20170802232644e16.jpg

1分も遅かった。
猛暑だったし頑張って飛んだ後だし、と色々言い訳してみる。
なんか力が湧いてこなかったので回転を維持できなかった。


この10日そこいら色々サボった。
と言うより出来なかった。
夏風邪か?
咳と微熱が止まらなかった。
微熱位なら強行して運動しちゃえば治る?のだが
喉の痛みがひどかった。
喋るのが辛い程の症状だったのでさすがに運動は出来なかった。
でも食欲はあったのであちこちタルんだ^^;
そろそろ活動再開だな。

2017.08.02(Wed) | 自転車 | cm(0) | tb(0) |

梅雨も明けたし飛びますか

21日(金)の分。

梅雨も明けたし飛びに行く。
から梅雨だったから、待ってました!って感じではないんですけどね。
20170721 1
20170721 2
結構雲が張ってる感じ

いつもより少し早目の11時半頃に出る。
いつでも上がりそうな感じだったしね。
3~5m/sで息つく感じ。綺麗に前からのタイミングで出る。
リッジもサーマルもしっかりとしていて分かりやすい。
が、少しラフな時もあり。
雲底はたぶん1,200mってところ。
が幾ら探っても上げきれず。なんかよくワカラン。
N吉さんとM越さんと3者ともにそんな感じだったので
そうゆう日だったのだろう。
それでも900m~1,000mを漫遊できたので良しとしよう。
P7210051_convert_20170802232208.jpg

20170721 flog
1時間30分 1,020m +5.9m/s

2017.07.23(Sun) | Fly | cm(0) | tb(0) |

対策か?

19日(水)の分。

夜練@RNC7
休みの火曜日が歯医者。その後に走ろうかと思っていたが
雹が降る様なゲリラ豪雨。雹は池袋近辺だけだったようだが。
さすがにそれに類するレベルの時に走りに行く気には
なれなかったので翌日に夜練。
20170719 log
20170719 kouseki

ここのところ、埼スタの直線で必ずと言っていいほど信号に引っ掛かる。
スピード違反対策か?

2017.07.23(Sun) | 自転車 | cm(0) | tb(0) |

南から北へ 北から南へ その2

続きです。

車坂峠を登り切って下りに向かいます。
浅間2000スキー場。パウダースノーで有名らしい。
この標高だもんね。
20170714 (17)
20170714 (16)
さあくだりだ ヒャッハー!!

半袖だと少し寒い位だぜ。ひゃっはー
20170714 (18)
ひゃgは??

おい、なんだこれ??
20170714 (19)
未舗装じゃねえか\(^o^)/

ダートな展開でした。一瞬戻ろうかと思いましたが最近ダート耐性が
着いてきたので突きき進みます。
(耐性がつくのもどうかと思うが)
20170714 (20)
ダートをいなすのも悪くない

が、登りより遅い速度で慎重に下っていると飽きてくる。
3㎞程下った所で舗装路の分岐が出てきた。
勇んで舗装路に向かい分岐写真失念。
下りきるまで半分位の距離。先のコンディションは分からないが
もうダートは嫌だったので雲行きはアヤシイが舗装路のある
浅間山方面の西へ折れた。
20170714 (21)
危ない雲行き

浅間山の北斜面に雲が降りてくる。
しかも雷なってる・・・。
やだ、こわい。
20170714 (22)
嬬恋方面に逃げ切ればと言ったところか

一気に下って逃げ切るぜ。
と思ったらまた未舗装だった。
別荘地の区画に入る前に少し未舗装区間があった。
雷雲が近づいてくる。
20170714 (23)
逃げ切れんかもしれん

数分後降り出した。
豪雷を伴ってスコールのように。
20170714 (25)
30分程雨宿り

雨雲が抜けてから再出発。
嬬恋まで下ってきて浅間山を振り返って見る。
20170714 (26)
こんな感じだよね

登り返すのは県道94号で湯の丸高原スキー場方面を抜けていきます。
県道94号まではパノラマラインでキャベツを眺めながら進みます。
予想通り高峰の真北のラインは雨雲が通らなかった様で
路面が濡れていない。ほとんど。
未舗装トラップが無ければかわしきれたものを・・・。
20170714 (27)
20170714 (28)
パノラマラインを進みます

北西は菅平方面。雲のかかり具合といい稜線の感じといい
登りに行きたくなりますね。
さすがに時間が足りないので自重しましたが。
20170714 (29)
軽井沢・浅間山方面以外は天気は良かった

湯の丸方面はこんな感じだった。
雨は大丈夫でしょう、これなら。
20170714 (30)
あそこを越えて戻りますよ

パノラマラインから左折して県道94号へ。
20170714 (31)
鹿沢温泉ってのがあるらしい

こっちの登りは緩斜面で落ち着く感じ。
左手には心地よいせせらぎ、舗装のコンディションもよくとても
走りやすい。
20170714 (32)
20170714 (33)
ゆるゆる登りましょう

途中たまだれの滝なる看板が。
20170714 (35)
ちょっと寄ってきますか

2・3分も歩けば到達できる距離にあります。
小振りの滝なんですが佇まいが気高い。
20170714 (34)
写真家のかたと比べてスケールが分かる

写真に収めて、冷たい水で顔を洗って頭にぶっかけて再出発。
ほとんどの斜度は緩めでしたが滝の先が少し斜度が上がる。
道が新しくて綺麗で広いので快適。
20170714 (36)
10%は無い位

道が綺麗になって程なくで登り切ったか。
スキー場が見えてきた。
20170714 (37)
うん?斜面に何か??
20170714 (38)
ウシだw

湯の丸牧場がすぐそばにある様で、放牧してるのね。
って、ゲレンデはウ○コまみれじゃないか^^;;
雪が少ない所でこけたら大変だぞ。
それはさておき登り切る。
20170714 (39)
地蔵峠とったぞ

高峰側のチェリーパークラインがえらいきつかったので
こっちは随分楽に感じました。スタートの嬬恋の標高も
高くて高度差も少なかったしね。
あとここは結構売店が空いてます。写真の後ろ側に売店があります。
ソフトクリームの登りがバンバン立ってましたがスルーです。
あとは下るだけですしね。
って下りが長いだろうから体を冷やさないですぐ出発したのです。
20170714 (40)
やっぱこっち側はきついのね

高峰も湯の丸も南側は難度高い感じですね。
こっちも10%の下りが続きます。
今度こそヒャッハー!!!
の下りです。
ノーブレーキで行くと7・80㎞/hは軽く出ちゃいます。
ヘタすると車を煽っている様な感じになってしまうので
少しブレーキで減速し車間を取って下る。
20170714 (42)
横堰なる貯水池? 丁度画的にいい感じ

横堰から先は道路が少しひび割れ気味。
荒れてるってほどじゃないがバイブレーションが出てくるので
速度は押さえて景色を愛でる。
20170714 (44)
小諸から八ヶ岳方面を正面に入れながら

下った所でゴール500m手前、最後のコンビニで
ガリガリ君で〆る。
日差しバリッバリに復活してやがるぜ。
20170714 (46)
コレの為にソフトクリームは自重したのだ

道の駅に帰還。気温は33℃だった。
(とった瞬間に1℃さがった)
そして山並みは
20170714 (47)
20170714 (48)
20170714 (50)
20170714 (49)
浅間山方面は怖い感じですね

あとは温泉入って飯食って帰りましょう。
温泉向かい道中からの景色。
20170714 (51)
蓼科方面美ヶ原方面と見渡せました

ご飯は丼物か蕎麦で悩んだんだけどお蕎麦で。
天ぷらがサクッと揚がっていて極上。
メシ風呂済ませて19時帰路に着く。
17時に出て19時に帰宅したかったんだけどね。
まあ許容範囲という事で、いい連休を過ごせたのでした。
20170714 (52)
20170714 (53)
日が暮れる前に帰路に着く
20170714 (54)
最近このパターンばっかだな^^; 

20170714 log
20170714 kouseki

2017.07.23(Sun) | 自転車 | cm(0) | tb(0) |

南から北へ 北から南へ

14日(金)の分。

連日の走行。
連休でしたんでね。遠征ハシゴですよ。
2日目は浅間山って決めてました。
野沢温泉入って車中泊です。
が、湿気がひどくて眠れない。
走り終えた21時頃から雨が降ったんだよね。
20170713 re-da-
気温は23℃位だったんだけど

余りにも寝苦しかったんで菅平まで行った。
17℃でサラッとした空気。快眠出来たのでした。
で小諸まで降りてからスタート。
いい天気だなぁ。
20170714.jpg
以前も使った道の駅雷電くるみの里からスタート

9時頃スタートですが既に28℃あった。
厳しい日になりそうだ。
20170714 (2)
菱野交差点を左折して登り始めます

少し雲が張ってますが大丈夫でしょう。
あそこまで登りますよ。
20170714 (3)
20170714 (4)
本線に入る前ですら登りから優しさが消えていく

少し走ると高峰高原ホテルまで10㎞の看板があります。
そして標高が表示された看板も近くにあり1,000mと表記が。
うん?上って2,000mだよね。
って事は1,000m登るのに10㎞?
ちょおま^^; 10%じゃねえか。
10%を10㎞とかシゴキとかカワイガリじゃねえか。
20170714 (5)
こっからがきついのです

童○ちゃうわ!と言わずにはいられない。そんなチェリーパークライン。
まだ写真を撮る余裕があった頃。
20170714 (6)
20170714 (7)
ヘアピンはほぼこのレベルでやってくる

まだ先だな・・・。
車や単車が追い抜いてゆく。そして見えなくなってからも
ところどころでエンジンを回している音が響いてくる。
最後までキツさが続くって事か。恐ろしや。
20170714 (8)
先が見えてきた

高峰高原ホテルみえた!
車坂峠もこのコーナーの右側。
いやぁ、ここ難儀だったね。相当。
20170714 (10)
20170714 (11)
20170714 (12)
この日もちゃりにゃんと(手洗いしたのです)

さすがこのクラスになると景観が違いますね。
登ってきたなぁって満足感を味わう事が出来ます。
20170714 (13)
20170714 (15)
ちと雲が発達し過ぎの感もありますが

分けます。

2017.07.18(Tue) | 自転車 | cm(0) | tb(0) |

信濃~斑尾~妙高~黒姫 その3

続きの続き。

眠気に耐えられん。ぜんぜん日記が進まない^^;
頑張って続きを書こうぞ。

苗名滝から黒姫に向かいます。
姫って言う位だからさぞかしプリンセスな佇まいかと思いきや。
普通の駅でした。
当然か^^;
20170713 (56)
ブラックプリンセスな期待感は淡く消え
20170713 (55)
駅にも一茶の句が

あとは中野方面から帰ろうかと思ったのだが、折角だからもうひと登り
しようと斑尾を南側から登ってみた。
20170713 (57)
県道96号から左折して登ります

左折して登り始めた所に猫ちゃんが鎮座ましましてました。
近づいても動く気配なし。凄い奴だ。
20170713 (59)
20170713 (61)
先にも猫が 猫ゾーンだった

その先は静かな林道。
なにも無いし誰もいない。
先の方が少し白い様な。
20170713 (63)
既に18時頃だったかな

しこしこ登っていくとガスってきた。
さすが高原リゾート斑尾。まっしろだぜ。
20170713 (64)
20170713 (65)
景観は・・・いいんだよ登りたかっただけだもん
20170713 (67)
希望湖を経由して帰りましょう

うっすらと飯山の街が見えます(肉眼)。
あとは下りだしギリギリ日があるうちに帰れるでしょう。
20170713 (69)
20170713 (71)
さあ下りですよ ヒャッハー!

気持ち良く下りました。
気持ち良かったです。気持ち良くてガンガン回しました。
余りにも気持ち良くて、曲がる所10㎞も行きすぎました。。。
気がついて戻り始めたら暗くなってたよ。
20170713 (73)
トンネル対策でライト装備しててよかったぜ
1015000000713373279.jpg
ちゃりにゃんとなら夜でも望む所ですけどね

最後に10㎞も真っ暗な所を登ったのは予定外だったけど
天気もギリギリもったし総じて楽しい一日でした。
20170713 (74)
20時半頃帰還^^;

遅くなっちゃったので野沢温泉の汗を流す。
公共浴場なので寸志でね。
20170713 (75)
湯温は高めでした

20170713 log
20170713 kouseki
20170713 kouseki2

2017.07.18(Tue) | 自転車 | cm(0) | tb(0) |

信濃~斑尾~妙高~黒姫 その2

続きです。

さあ、斑尾目指して登りますよ。
15㎞位登りですね。
何にもないので補給はのぞめません。事前に準備をしておきたい道。
20170713 (29)
20170713 (30)
程良い斜度で楽しい登り!


前方の白さが気になりますが行ける所まで行ってみましょう。
結構登った所に赤池があります。
20170713 (31)
20170713 (32)
霧で有名な湖みたいじゃないですか

登り切った所に斑尾東急GCがありました。
遠目に見ても綺麗なコース。
プレーフィー高いんだろうなぁ^^;
20170713 (33)
20170713 (34)
コース横を野尻湖へ向かいます

もっと観光地のように栄えているかと思ったら結構質素なのね。
遊覧船などは見当たらず、合宿地なのかランナー・自転車注意の
看板が立てかけられていた。
20170713 (35)
20170713 (36)
右の黒姫方面へ

右へ折れると湖沿いにちょっと登る。
こっち回りで正解だったね。いい眺めだ。
20170713 (37)
絶妙なガスり具合が素敵だ

野尻湖から妙高高原駅へ。
お昼でも食べようと思ったが・・・お店無いですね^^;
お土産屋さんはあるんだけどね。
20170713 (38)
R18まで出てからコンビニメシでした

次は妙高高原と黒姫の間の乙見湖を目指しましょうかね。
どちらの山も山頂方向に直接アクセスする道はない様ですし、
お互いの山の中間を走る県道39号を行きましょう。
20170713 (39)
この雲行きである

さすがにこれは行く気になれない。
なんも見えなさそうですしね。
じゃあ帰ろうかな。
と思った所に滝の看板。
ちょっと寄ってきますか。
20170713 (40)
歩きで15分らしい

徒歩15分とありますがご年配の方を考慮に入れた時間だろう。
10分程で着く距離だ。
20170713 (41)
20170713 (45)
滝100選らしい

局地的な豪雨の影響であろうか?
水量が豊富でしかも濁り気味。
滝周辺は冷気が凄いのでした。
20170713 (47)
20170713 (49)
ちゃりにゃん初滝

写真では分かりにくいかもしれないが結構スケールが大きい滝。
実際目にしても霧でけぶっていて大きさを測りかねた。
近くまで行ってみて大きさに、また錯覚のように大きく感じなかった事に
驚いたのでした。
20170713 (52)
退いて見ると大きさが分かる

小林一茶とゆかりの地らしい。妙高は。
20170713 (54)
20170713 (53)

2017.07.17(Mon) | 自転車 | cm(0) | tb(0) |

信濃~斑尾~妙高~黒姫

13日(木)の分。

休みなのだが天気が不安定。
関東は千葉や埼玉南部は大丈夫そうだが
山間部はいつ降ってもおかしくない予報。
が、山を登りたい。ツールドフランスの山岳ステージを
見たり、ちゃりにゃんのジャージが届いたりで
ヒルクラせずにはいられない。
って事で天気図とにらめっこして降らなさそうな所へ。
20170713 (5)
20170713 (6)
道の駅 花の駅千曲川からスタートします

今回は信濃平ですよ。色々行きたいところはありますが
上手い具合に長野北部は雲が切れそうなので決定。
時間や雲の動き次第では妙高や黒姫も行ってみようかな。
それでは行きましょうか。
20170713 (7)
道の駅の西方面すぐに目指すお山が

登り口の郵便局の交差点まで4㎞程。しかも下りだ。
ウォーミングアップにもならなかったが、すぐに汗だくになれる。
20170713 (8)
20170713 (9)
初っ端からコレもんだからね

そうそう、信濃は登りの入り口が一番きついんだよね。
ところどころ休める所があったと記憶しているが、基本的に
手強い部類の登り。
20170713 (10)
九十九辺りも結構キツイ

スタートが遅かった為、すでに日差しが切っ先のように鋭い。
梅雨はどこに行ってしまったのか?あっという間に汗だくだ。
上空からピ~ヒョロと聞こえたので見上げればトンビのガーグル。
20170713 (11)
仲間に入れて欲しい・・・

程なく信濃テイクオフ到着。
いい眺望ですね。
野沢温泉や木島平もよく見えます。
遠く奥の方は志賀高原か。
20170713 (12)
20170713 (13)
すでにちょっとフォロー気味な時間帯
20170713 (14)
ちゃりにゃん初クライム(^^

信濃平は思い出深い。
初めてちゃんと自分の技量によって
サーマルでセンタリングをしたエリアだ。
300m位ゲインして1,100m越えて顔にトンボがぶつかって
そんな高度までトンボがいる事に驚いたのを鮮明に覚えている。
後ろの桂池を見たのも新しい世界を見た様で
嬉しかった23年前。
この日は自転車で登っての対面であった。
20170713 (15)
地上で見ると思いの外広かった

さて下りへ。
20170713 (16)
右手には川が流れ下りせせらぎが涼しげだ

下りに入ってすぐ独特な滝が見られる。
屏風岩なるものもあった。
20170713 (17)
20170713 (18)
20170713 (19)
なかなかいい画づらです

と景色に見とれていると激しい下りが登場。
コレはキツイ登り。
20170713 (20)
20170713 (21)
屏風岩の先がいい下りのエリア

この案内が渋すぎる。
20170713 (23)
嫁沢温泉入り口?

R292まで下ってきて右折。
すぐ関川を跨いで川沿いに左折。
20170713 (25)
関川沿いに走りR97を左折

R97で斑尾に向かいますよ。
15㎞位登りますが、斜度はきつくないのでシコシコ行きましょう。
20170713 (26)
20170713 (27)

続きます。

2017.07.16(Sun) | 自転車 | cm(0) | tb(0) |

チャリできた

12日(水)の分。

帰宅したら荷物が届いていたぜ。
20170712.jpg
20170712 (4)
サイクルジャージが届いた

あるブロガーさんのキャラクター(ちゃりにゃん)が人気で
ジャージ化されたのです。
速攻申し込みましたよw
20170712 (3)
ちゃりにゃんが愛らしいのです

早速着て走ってきたのでした。
そのブログは後日に。

2017.07.15(Sat) | 自転車 | cm(0) | tb(0) |

さすが中年きたない

8日(土)の分。

いつもの20㎞コース@RNC7
なんか結構信号に引っ掛かった。
余りにも引っ掛かりイラついて車の力を使う。
車のスリップストリームでインチキだ。
ドラフティング効果が凄く平均速度がいつもより2㎞/h程速かった。
きたない、さすが中年きたない。

あと普段は信号で引っ掛かっても、極力すり抜けで最前れつまでは
行かない様にしている。車の運転手としては自転車をパスするのは
気をつかうからだ。それが信号の度の複数回だとイライラに
変わったりするからだ。まあ、自衛手段だ。
が、今回は少しばかし自己主張させてもらった。
当然安全を確保できる余力を残しながらの話だがね。
20170708 log
20170708 kouseki
参考記録ってところやね

2017.07.10(Mon) | 自転車 | cm(0) | tb(0) |

1,120mから足尾へ

続きを。

カス勢の証。1,120mの粕尾峠を取ったので下りに行きます。
登りも下りも景観はそれ程望めない峠道。
数か所林の切れ間から展望が。
20170706 (34)
20170706 (37)
遠くの方が日光か? 

下りだして程なくで例のうねうねwに。
九十九が先まで見えるとニヤっとくるね。
20170706 (36)
先日の田口峠と似た感じね

どんどん下っていきましょう。
20170706 (39)
20170706 (40)
下まで降りてきました

渡良瀬川発祥の地らしい。
良くワカランが日光が近い事は分かった。
北のあの雲辺りだからそんなに遠くないのね。
20170706 (41)
20170706 (42)
って事らしい

そして足尾駅到着。
我々フライヤーにとっては足尾と言えば筑波山系の足尾だが、
世間一般には足尾銅山のこちらの足尾になるのだろう。
歴史の授業で取り上げられるほどなので、観光地のように
何かあるのだろうと思っていたのですが・・・。
20170706 (43)
20170706 (44)
20170706 (45)
やや時空を跨いだ感もあり

少し遅めのお昼などと思っていたのですが、
町全体が閑散としており少し気が引けてしまった。
お昼は先延ばしにし出発した。
20170706 (47)
スタンドバイミーごっこが出来そうですね

それではこっからは帰路って事で行きましょうか。
渡良瀬川沿いに桐生を目指します。
20170706 (49)
20170706 (50)
程良い下り基調

桐生まで20㎞超だったっけか。そろそろお腹も減ったので食事がしたい
と思いきや飯屋が無い。
結構ストイックな道だ。
そんな道に謎の噴水が・・・?
巨大チョコレートファウンテンか?
20170706 (51)
ぽつねんと佇む謎の存在

途中草木湖に寄りましたよ。
20170706 (55)
20170706 (52)
20170706 (54)
20170706 (53)
しかし腹減ったな・・・


草木湖で一服してからすぐに目に着く家屋が。
5分も走ってねえんだが^^;
ホントはピザとかパスタとか濃いぃのが食べたかったんだけどね。
20170706 (56)
20170706 (67)
クイックに駐輪し昼食ゲット

遅いお昼をとって元気回復。
桐生まで飛ばします。
桐生の街はシャッターの閉まっているお店が多く
少し気が滅入った。
20170706 (57)
雲行きが徐々に怪しくなりつつもあり

桐生から足利を通りデポ地である田沼に帰るのが無難だろうが、
なんだか走り足りない感もありもうひと山越える事にする。
20170706 (58)
濃くなってきた

雨雲レーダーで状況を確認してみましょう。
20170706 (68)
これはww

さっき走ってきたカスの聖地が浄化されている。
でも登ろう。たぶん大丈夫だろうから。
そして梅田湖到着。
20170706 (59)
20170706 (60)
如実に北の空が黒い

田沼まであと20㎞ね。
小さい登りがありましたがほぼ段差。
あとは気持ち良い快速の下りだ。
20170706 (61)
20170706 (62)
1万メートル級がいた・・・怖い

発達する雲におびえながら何とか帰還。
雨は降らずにもちましたとさ。
20170706 (65)
しかしこの暗さである
20170706 (64)
走り切ったらデザートである

20170706 log
20170706 kouseki
20170706 (63)
20170706 (66)
金賞受賞って書いてあったのでお土産に

ストラバが飛んでたので実際は145kmだった。
今回の走行はちょっと物足りなかったかな。
でも日光の南側の道が繋がったしこの辺が収穫かな。
雨雲を見ながら走るのも楽しかったしね。

2017.07.10(Mon) | 自転車 | cm(0) | tb(0) |

カスの極み○○

6日(木)の分。

この日は栃木に。
どこ行こうか地図を見ていたら面白そうな
ウネウネを見つけたのでここに決めた。
20170706 カス
カス勢としては押さえておきたい峠だ

距離的にも近い所だし日帰りで走ってくるには
ちょうど良さそうだ。
って事で道の駅田沼からスタートします。
20170706 (2)
些か雲が心配ですけど

目的地の県道15号までは採石場横の県道202号から県道32号を経て入ります。
20170706 (3)
20170706 (4)
秋山川沿いを北上します

採石場横を抜けます。
なんか下りが急だったので振り返り写真を撮ったら
エライ角度だった問題。
20170706 (5)
20170706 (6)
20170706 (7)
登りはそれ程きつくなかったですけどね

この右手、急斜面に鹿が出現。
ガッサァってしたから見上げたら鹿。
鹿って急斜面にいるよなぁ。
しかも人が接近してから動くから驚くわ。
20170706 (8)
この一件で鈴を忘れた事に気がつく
20170706 (10)
三峰山?かわいいシルエット

この先のトンネルを抜けると県道15号に当たる。
そして左折して山を目指します。
20170706 (11)
30㎞程行ってみましょう

思川に沿って進みます。
鮎漁をしている方が多かったですね。
コーナーを曲がる度に竿が見えました。
解禁日だったのかな?
あとで調べたら2日が解禁日だったらしい。
20170706 (12)
20170706 (16)
県外ナンバーもちらほら
20170706 (14)
鬼平とかね

この県道15号は飯能と似た印象を受ける。
絶妙な走りやすさと、その先にある山の落ちつくスケール感。
プレッシャーを受けるでもなく、気張らずにゆるゆる走って行ける。
20170706 (19)
道も綺麗だしね

この県道15号、紫陽花が結構咲き誇っていましたよ。
三色揃い踏み。
20170706 (20)
20170706 (22)
20170706 (21)
梅雨だった 忘れる所だったぜ

法面が苔生してたり雰囲気はいい道です。
川沿いを走るので水量は豊富。
名も無き滝?と石碑とか。
20170706 (25)
20170706 (23)
20170706 (24)
ギリ30尺は見えるんだが

この辺まではゆる~い登り。アウターでも行けるかも。
そして山の神ドライブインを越えた辺りから斜度が増す。
20170706 (26)
20170706 (29)
カーブの看板が登場

ドライブインからはそれらしい登りに。
カーブは40個だったかな?
20170706 (30)
20170706 (31)
峠の看板はどこだろう?

分からなかったので看板でいいかな。
粕尾峠登ったあ。
20170706 (33)
カス峠いや粕尾峠のぼりました



2017.07.09(Sun) | 自転車 | cm(0) | tb(0) |

ほぼ予定通り

4日(火)の分。

この日は第2回目の歯医者。
昼辺りに雨が降る予報だったので丁度いいか。

治療を終え外に出たときに雨が落ちてきた。
配当など受け取ってから久々に映画を見に行く。
20170704.jpg
『22年目の告白』をみてきました

ストーリーが見所なので書きませんが、いい緊張感で
見る事が出来ました。面白かったですよ。

2017.07.08(Sat) | 日常 | cm(0) | tb(0) |

無料だから

3日(月)の分。

月曜の夜の走行。
夜練は大体土曜日か日曜日だが丁度BS放送で
ツールドフランスが無料で始まった。
なので月曜日にね。
契約して見るほどファンではないけど無料ならってところで。
20170703 log
20170703 kouseki
いつもの埼スタコースでね

とにかく回す回すで。
踏まない様に全域に均等に回すイメージで。
疲れるね^^;

2017.07.08(Sat) | 自転車 | cm(0) | tb(0) |

あたたのほどはそれほど

29日(木)の分。

夏休み3連休の3日目。
しっかり計画通り事が運んで自転車で2日使い、
3日目で休養する。
20170629.jpg
整備清掃をね

遅めの朝に起き自転車のメンテ。
身体の方は太腿がパンパンになっていたが
他の各所は痛みは無かった。
メンテ後はショップに行って1年目点検をしてもらおう。
特に問題は無いだろうと思っていたけど一応ね。
その後はゆっくり読書タイムを。
20170629 (2)
チョコレート ケーキ トップ フラペチーノ® with 抹茶ショット

味は美味しかったんだけどね。
チョコケーキのざらざら感が気になるのでした。

2017.07.01(Sat) | 自転車 | cm(0) | tb(0) |