プロフィール 

しん

Author:しん

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-

準備は出来た

26日(月)本日分。

装備はこんな感じに。
雨対策でジップロックで電源を保護。
一応輪行袋もね。
20160626準備
昨日までに準備完了。

天気は・・・
南関東に若干梅雨前線が
2017年6月27日(火)の時点の予報
タイミングが良ければ当たらなそうだが。。。

さてさてどうなりますかな。
スポンサーサイト

2017.06.26(Mon) | 自転車 | cm(0) | tb(0) |

スレッガーさん並みに早すぎる密林

22日(木)の分。

昨日の朝、荒川に行く前にポチってた。
20170623.jpg
今日23日帰宅してから宅配で来た

アマゾン便利だなぁ。
強いライトが欲しかったのでVOLT800を。
これで深夜の峠も怖くないぜ。
いや、怖いもんは怖いけどね。

あとバックパックも購入。
最近はサコッシュも使わずに走っている。最後に使ったのは
昨年の夏の乗鞍だったかな?余り物を持たないでも
大丈夫だと分かってきたからだ。
この春の250kmの時も普段と変わらずだしワンボトルだったしね。
ずっと山の中とかじゃない限り、そこそこ補給できるしね。
今回はさすがに備えておきたいので購入に踏み切ったのでした。

2017.06.24(Sat) | 自転車 | cm(0) | tb(0) |

二度ある事は三度ある百

22日(木)の分。

前回・前々回と予定変更を余儀なくされる事態で
貴重な梅雨の晴れ間?(から梅雨だけど)のお出かけが
無くなってしまった。

そしてお休みが来る。
山に行くぜ!
って考えていたのに・・・寝坊したorz
20170622.jpg
3連続トライアングル100kmに

飯能辺りまで自走で登って帰ってくれば良かったんだけど、
RNC7にも乗りたかったので荒川へ。

よ~しパパry

前半戦の荒川CRは北西のフォローで快速で。
自己記録更新だが、コレは参考記録ってところか。
20170622 sasame kasai
中二日で平均速度3㎞/h上がったら異常

で前半は気持ち良く走れまして、後半は修行の様相です。
アゲインストで大変だったのですがね、やっぱクロモリの
RNC7なので踏んでいて楽しい。
直近2回はアサシンだったので違いが明白だ。
アサシンもバネ感を感じられて登りのでのダンシングが
少しづつこなせるようになってきたが、平地で50㎞/h近くまで
出した時の柔らかすぎる感じも把握できるようになってきた。
まあ、普通そんな速度は出さないから気にも留めないんだけど、
RNC7で踏み拉いた時に違いを感じたのでした。

そして踏み込みは加速の時とか限定場面で、多くの時間は
クルクル回すことを意識した。
そしてクランク長の165mmの回しやすさを再度実感するのであった。

思ったのだが、2つのバイクのクランクを
逆に装備した方が良いのではなかろうか?
アサシンの170mmをRNC7に。RNC7の165mmをアサシンに。
車重が軽いアサシンに回しやすい短いクランクを。
踏み込みでのバネ感が楽しいRNC7に長い方を。
うん、ありだなぁ。
ただクランクの色がシルバーとブラックなんだよなあ。
アサシンにシルバークランクは似合わないだろうなぁ^^;
20170622 (3)
そんな事を考えながら走り切ったトライアングル

ついでにアームカバーも試したのでした。
気温は28℃以上の日でしたが薄っすら雲が張っていたので
日焼け止め効果は効果測定は難しい感じ。
一番の収穫は圧倒的な清涼感を身に着けて走れる事だ。
うっすらと汗ばんでくると、メッシュ地の気化熱で涼しさを
感じられる。
水をかけて濡らしてやれば、ハッカオイルのようにスースーする程だ。
これからの季節は欠かせないアイテムになりそうだ。
もうひとセット買っておこうかと思うほどだ。

この日は装備が良かったのか日差しが程良く弱かったからなのか、
まったく疲れず淡々と走り抜く事が出来た。
まあ、日差しだろうけど。
三郷まで平均29㎞/hで。やっぱ向かい風で速度落とした。
あと帰りの県道。まあ、これは仕方が無いか。
でも以前より確実に速くなってきた。
タイヤが良いんだろうか?そんな気がする。
20170622 log
20170622 kouseki
やっと平均27㎞/hまできた

2017.06.24(Sat) | 自転車 | cm(0) | tb(0) |

保険と保険と対策

20日(火)の分。

今日は来るべき日に備えて退社後にお買い物。
輪行バッグとモバイルバッテリーとアームカバーを購入。
20170620.jpg
備えあれば憂いなし・・・とは行かず不安はぬぐえませんがね

輪行バッグは使わずに済むなら使わずに済ませたいバックアップとして。
モバイルバッテリーは一個持ってるけどこちらも保険として。
アームカバーは昨日の真夏日の日差しで体力を消耗したので
日差し対策として。
少し装備を整えておかないとね。

2017.06.20(Tue) | 自転車 | cm(0) | tb(0) |

ポロリしちゃった時も百

19日(月)の分。

から梅雨ですね。30℃の快晴です。
そんな日の朝だから・・・・前歯ももげます。
20170619.jpg
ポロリもあるよ

数日前から違和感があったので、
ですよね
で割り切りましたけどね。
で、歯医者に行って仮留めしてきましたよ。
後日に治しましょうね。

そんな日でしたからね、午前中つぶれちゃいました。
予定が狂っちゃたな。
まあ予定どおりだったとしても走りに行くだけですけどね。
さ、どうしよう?これから。

あ~、困った時の100kmか。
前回記録出来て無かったし。
20170619 (2)
ってことで ポロリもあるよ100km版

よ~し!パパ頑張っちゃうぞ!!(懐かしいw)
で結構頑張った。
30℃越えの真夏日だったけど。
20170619 (3)
20170619 kasaimade

笹目橋~葛西臨海公園までの30㎞チョイを
アベレージ30㎞/hで行けた。
速度は良かったんだけど、暑くてバテた。
20170619 (4)
葛西臨海でクールダウンに時間を費やした

後半北東の風に阻まれ疲労して記録伸びず。
20170619 log
20170619 kouseki
北東ってこのトライアングルに一番悪い風何じゃなかろうか

2017.06.20(Tue) | 自転車 | cm(0) | tb(0) |

かみばいたい

16日(金)の分。

退社後に文房具を買いに文具屋へ。
ふらっと1Fにある本屋へ入ったら目を惹く表紙が。
20170615 (9)
うん、いや、旅ってか自転車で走るにあたってね
1015000000710411545.jpg
こんな感じのね

ネットで地図は見る事が出来るから普通の地図は足りているけど、
この地図は山の高さもちゃんと分かるから嬉しい。
等高線だけだとイメージふくらませるの大変なんだもん。
航空写真だと平面だしね。

あと名所も書き込まれているから寄り道したくなるし。
久々に衝動買いらしい衝動買いをしたのでした。

2017.06.18(Sun) | 日常 | cm(0) | tb(0) |

困った時の百

15日(木)の分。

前日の14日(水)退社時に車が故障ort
オルタネーターが昇天なされました。
まさにortネタ・・・。
幸運な事に帰路はディーラーを通る。
よってそのまま寄って一日入院。


故に翌日のお出かけは出来なくなりましたとさ。
って事で短時間ですむ100kmコースで。
困った時の百である。
20170615.jpg
20170615 (2)
海に近付くにつれ南東が強まる

ヘッドウインドだったけど平均で27㎞/h位で行けた。
結構頑張った。
後半はサイドフォローになるから自己ベスト出せるぜ!
な~んて思ってたらログが葛西臨海で切れてる??
なんで??^^;;;;
20170615 kouseki
20170615 log
停止おしちゃったのかな?

ちゃんと帰ってきてから記録ボタン押してアップードの表示まで確認
してたから、葛西に着いてデータを見た時に間違って停止押していた
んだろうな。
気づかず後半気張って江戸川CR降りるまでに平均28㎞/hまで上げた。
最後の県道が信号で平均速度落としたけど、
結構速度を維持できたと思う。
20170615 (6)
20170615 (7)
20170615 (5)
荒川CR折り返したらタイムは伸びるかな?

帰宅後データが飛んでてがっかりしたが、いい汗かいたので満足。
で、メロンソーダが美味しかったのでした。
20170615 (4)
ついでにプロテインで補食をね

2017.06.18(Sun) | 自転車 | cm(0) | tb(0) |

から梅雨ですか?

11日(日)の分。

特記事項が無いとすぐサボっちゃうなあ。
間が空いてしまったが夜錬分。
とにかく回す練習。
でも息が上がっちゃう。
苦しくなっても90回転は維持する練習。
以前よりは少し長く持たせられるようになってきたが、
信号待ちで休めるからなぁ。
色々頑張ろっと。
20170611 log

2017.06.18(Sun) | 自転車 | cm(0) | tb(0) |

0.4℃の風に吹かれて

続きの続き。

登ったら下ります。
峠からの下り、左手にか細く若い川を従えながら下る。
せせらぎも心地よく下っていると一気に水量を豊富に湛える。
20170609 (72)
20170609 (73)
砂防ダムだったのね

砂防ダムまでは結構コーナーがしっかりありましたが、
ダム以降は直線が強くなる。
20170609 (74)
20170609 (75)
ヒャッハー出来る爽快感
20170609 (76)
振り向きショットも 直線長いですね

臼田まで下ってきたら県道44号まで北上します。
20170609 (77)
浅間山が見えます

浅間山にちょっかい出したくもなりましたが、時間的制約もありますので
残念ですがやめておきましょう。
県道44号を登ります。
県道44号はスエトシ牧場、内山牧場、神津牧場と3つの牧場があるようです。
登り中にお馬さんに遭遇。スエトシ牧場の乗馬体験でしょうか。
20170609 (78)
お馬さんをパスしていきます

荒船山の存在感が凄い。
20170609 (81)
20170609 (82)
妙義山も見えます

44号はちょっとだけ登って抜ける様な想定で臨んだんだけど、
実は4ケタ登らされると言う事態に。
そうこうしていると牧場で良く見るアレを発見。
でっかいトラクターみたいので草を集めて作っていた。
出来立てホヤホヤである。
スマホ取り出しているうちにマシンはいなくなっちゃった。
作りたての瞬間を収めたかったなぁ。
20170609 (84)
まだ草の緑がつやつやしている

神津牧場で休憩。
お昼食べようと思ったんだけど、食事は終了してた・・・。
じゃあソフトクリームと飲むヨーグルトね。
20170609 (86)
20170609 (87)
20170609 (85)
20170609 (88)
ヤギとかウシとかね

一瞬道が途切れると不安になる看板。
自転車は通れます。
20170609 (89)
こっから結構下ります

なかなかの下りだ。
と写真など撮っていると小さな看板に気がつく。
20170609 (90)
20170609 (91)
20170609 (92)
風穴の冷風が漏れてきています

どうやらこの先に荒船風穴があり、
その冷気がここから漏れているようです。
6℃の冷気は相当冷たかったです。
そんな下りを進むと荒船風穴に着きました。
2014年に世界遺産になったとか。
ぬぬ。全く知らなかった。
20170609 (95)
ちょっと寄ってみますか

風穴って鍾乳洞みたいな所かと思っていたんですが違うんですね。
大雑把に言うと、冬に降った雪が岩場の間に入り込んで氷と化し、
その氷はずっと残って冷気を放出し続けるらしい。
それを天然の冷蔵庫のように活用してきたらしいです。
ここでは蚕の卵を冷蔵保管したいたようです。
卵を冷蔵保管し孵化時期をコントロールしていたんですね。
と言った事を、ガイドさん?(学芸員さん?)がマンツーマンで
案内して解説してくれました。
20170609 (93)
20170609 (94)
一号風穴はもっと寒くて0.4℃だったよ

この石垣の中から冷気が出てきて、建物は石垣の前にあり冷気を
取り込んでいたようです。
風穴に近づくとスーっと気温が下がるのが分かります。
風穴の冷気を直接体験できるポイントがありましたが、
もの凄く冷たい風でした。冷蔵庫より冷え冷えです。
風穴スゲえ。
と、寄り道が思わぬアカデミックな体験で得した気分でした。

よし、あとは下って帰るだけだぜ。
と走りだしたのですが下り激坂に。
ここヤバくない?
風穴からの幾百mかは根性坂レベルでしたよ。
登ってきて最後にこれだったら泣きが入りそうだ。
20170609 (96)
シビレル下りだった

もう帰るだけの筈だったんだけどね。
なんか奇妙な山容が見えたので写真に収める為に停まった。
で、停まった所がダム入り口だった。
20170609 (97)
20170609 (98)
じゃあ登るしかないな
20170609 (99)
20170609 (100)
荒船湖をちょっとね
20170609 (102)
うむ

今度こそ帰るよ。
と帰路に着くと鉄塔の方から雷鳴が・・・
20170609 (103)
もう少しで降り出しそうだ

予報では関東北部、山沿いでは夕方から夜半にかけて
にわか雨と言っていたがちと早くないか?
あ、でもここで17時近かったな。
帰りは全力。
雷雲に追いつかれない様に40㎞/h巡航で頑張った。
道の駅に着き片付け中にポツポツきた。
20170609 (104)
ギリギリセーフだったのでした

走行後恒例の温泉へ。
雷鳴を聞きながらの露天風呂は趣があったのでした。
20170609 (105)


20170609 log
20170609 kouseki



2017.06.15(Thu) | 自転車 | cm(0) | tb(0) |

きいもちよくしてくれる田口さん

続きを。

大仁田ダムから県道93号まで下ってきて、今度は線ヶ滝まで登ります。
20170609 (40)
20170609 (49)
独特な形の荒船山を見ながら登ります

3・4㎞登ったら線ヶ滝に着きます。
線ヶ滝はその名の通り一条の直線の存在感が気高い滝です。
なんかこう日本人の美意識に響く高潔ささえ感じます。
20170609 (42)
20170609 (43)
芸術的な美しさ

滝壺までは階段で下りる事が出来ます。
意外と高さがあって怖いです。
SPDシューズだと滑りやすいから細心の注意で降ります。
すれ違いは困難なレベルですね。誰もいませんでしたけどね^^;
20170609 (44)
結構怖い階段

滝壺まで降りてきて見上げます。
滑り落ちてくる滝水は狭い範囲で撹拌されるからでしょうか。
もの凄く滑らかな泡のように見えました。いや泡と言うより粉状の、
例えば小麦粉の様な細かい粒子が滑り落ちてくるようにも見えました。
見続けているとそんな奇妙な感覚になりましたとさ。
20170609 (48)
見飽きない滝

下流は狭小な岩場を抜けていきます。
20170609 (46)
幅2m位でしょうか?

線ヶ滝に心を奪われつつも次の目的地を目指します。
次の目的地が今回のメインの田口峠です。
このウネウネのところね。
群馬県から長野県に繋がる田口峠に向かいます。
20170609 tagti
一番左上のトンネルが田口峠

右折して臼田方面へ折れます。
臼田は佐久市の千曲川まで降りて行った所の町。
23kmの半分が登りで半分が下り。
なかなかいい距離です。
20170609 (53)
さあ登りますよ

いったいどんな登りなんでしょうね?
ワクワクしながら進んで行きますと・・・
いや?
そんな?
・・・まさか? 
な事態に遭遇しました。
20170609 (54)
ま・さ・か川w

う~ん、昔は馬で登った様な凶悪な坂なんでしょうか?
いや、まさかね。
20170609 (55)
優しくお出迎え
20170609 (56)
程なく長野県に突入

日差しが強くなってくる時間帯ですが、程良い木陰に虫の鳴き声や
鳥の囀りが気持ちが良い。
長野県に入ってすぐ存在感のある岩場まで来た。
狭岩峡らしい。
見える範囲を眺めながらで通り過ぎてしまった。
20170609 (58)
20170609 (59)
寄ってけばよかったかなぁ

そう、通り過ぎてしまったのは乗っていて気持ちが良かったから。
停まるのはもったいない気がして。
絶妙に気持ちが良い登り。5・6%位の気張らなくてよい斜度だから。
そしてこの先はもっと気持ちが良くなる。
20170609 (61)
20170609 (63)
20170609 (64)
九十九折れゾーンに突入

キタコレw
ガードレールがどんだけあんだよ!
何往復させんだよ!
2カーブ位で済むじゃんよ!
スイッチバックかよ!
もうね、突っ込みどころ満載だ^^
20170609 (65)
20170609 (66)
画的には見栄えがしますね

この感じ。
斜度はゆるゆるですが、スゲぇ登った感があります。
見た目のインパクトは大きいのでしょうね。
で、田口峠到着です。
20170609 (69)
とっても気持ち良くしてくれた田口さん
20170609 (70)
登り93カーブありました

峠のトンネル。吹き抜ける風が心地よいのでした。
20170609 (71)
向こうは下りです

さて佐久まで下っていきますよ。

もっかい分けよう。

2017.06.15(Thu) | 自転車 | cm(0) | tb(0) |

いきなり9割

9日(金)の分。

この日は下仁田に車載でGO⇒
ロングライドもしたかったんだけど、前回の大名栗線が
不完全燃焼だったのでモリモリ登りたかったのです。
20170609 tagti
九十九折れがいい感じじゃないですか

一ヶ月前に御荷鉾スーパー林道を走った後に地図で
復習をしていて、周辺に上記地図の様な九十九を発見。
南牧村の激坂も寄ってみようかな、と言った感じに出発。
20170609.jpg
下仁田ICを降りると案内看板が名所までの距離を教えてくれます

今回は道の駅下仁田から出発します。
20170609 (2)
20170609 (4)
綺麗で走りやすい県道45号線を行く

で、例の激坂に到着。
まあね、ここは見た目はやばいけど想像の範疇で民家まで。
一瞬だけなのでなんとでもなるのである。
20170609 (5)
かなりの角度ですけどね

問題はこの先である。
完全に魔界の瘴気が吹き下ろしてきています。
20170609 (6)
根性坂と同じ濃度の瘴気が

前回の帰宅後に調べてみましたが
こんな脇道はルートラボにも乗って無かったです。
地図と航空写真で見る限り1㎞位の距離で、民家の辺りまで
登りそうな感じ。
まあ、とにかく登ってみようと行ってみました。
20170609 (20)
登り始めるとこんな感じだ

バス停の入り口からの直線で直感は確信に。
「やはり魔界か・・・ここは。」
が、何とか捌けるレベルかな。
そう思えたのはコーナーがあるからだ。
凶悪な斜度なれどもコーナーのアウト側で一瞬でも休めるからだ。
20170609 (18)
休めるっていてもこんなもんですけどね

登りの時は必死で気がつかなかったが、
とんでもない凶悪さ加減だった。
この斜度はもしや・・・?って思ったら立った。
20170609 (19)
余裕の自立
20170609 (16)
20170609 (15)
楽しすぎるww

相当にエグイ登りでしたが距離は短かったですからね。
何とか登れ切りましたよ?
民家が見えてきたこの辺まででしょう。
20170609 (12)
ゴールかな?

って思ったらまだあった・・・。
山容からしてもう終わりだと思うけどね。
20170609 (11)
もう少し・・・かな?

謎の分岐が登場。
20170609 (10)
左は下ってた
20170609 (9)
右:地獄
20170609 (8)
直進:地獄

なんだよ、いつおわんだよ。。。
もう無理かも知れん・・・。
舗装が切れた!
20170609 (7)
よし 勘弁してやろう^^;

砂利や泥の所を走るやつじゃねえんだよ^^;
ふう、しかしエライ坂だったぜ。
もう体力9割使っちゃったよ\(^o^)/
 
実際1㎞そこいらの坂なのでちょっと小ネタをって感じで遊べて良かったわ。
体力はゆっくり走って回復させましょうかね。
次は大仁田ダムに行ってみましょう。
20170609 (21)
県道93号を左折して登りに入ります

緩めの登り、川のせせらぎ、程良い木陰。
穏やかな心で登れました。
貸切だったしね。
20170609 (22)
20170609 (24)
20170609 (25)
ダムまで快適に登れました

大仁田ダム到着。2㎞位かな。
橋から近いので小振りなダムだけど迫力を感じます。
20170609 (26)
20170609 (27)
20170609 (30)
20170609 (32)
上に登ると橋の近さが分かります
20170609 (31)
ダム湖はこんな感じね

一息ついて進みましょう。
まだ先は長いからね。
20170609 (34)
山深くに下っていきます
20170609 (35)
ガレガレだったので下りでも10㎞/hで

下りの最中にどっかで見た光景が・・・?
空間が繋がってるのかと思ったぜ。
20170609 (37)
20170606 (20)
【完全に一致】

写真で並べちゃうとだいぶ違うんだけどね。
(下が大名栗線)
2・3日前に見た記憶だから結構驚いたのでした!
高架線がすんごい所に建っていた。
20170609 (38)
実際に見ると異様な光景に見えます


分けよう。

2017.06.12(Mon) | 自転車 | cm(0) | tb(0) |

ぱんだっぽいなにか

7日(水)の分。

この前日タコ殴りに、いや、大名栗線に行った日の朝である。
行く場所を探すためにパソコンをいじっていたら
ポチってた物が届く。
翌日に来るなんて早いぜ。
20170607_201706122202054f8.jpg
こんな包装のものが

半袖のサイクルジャージ買っちゃった。
程良いかわいさで良いんじゃないだろうか。
20170607 (2)
20170607 (3)




2017.06.12(Mon) | 自転車 | cm(0) | tb(0) |

ふるぼっこにされた

6日(火)の分。

最近がっつり走れていないので、気張って走ろうと
筑波アウトアンドリターンを計画。
板敷を車で行くと100kmなので、下道にょろにょろと
筑波のヒルクライムの距離分で250km位だろう。
じゃあ4時出発で行きますか。

寝坊した・・・orz
う~ん。
どうしよう。困った時の100kmコースか?
いや、山登りたいしなあ。
と、朝から地図を眺める。

お、有間峠の方に面白そうな道がある。
じゃあここで。と何も調べずにGO⇒
名栗湖の南側の道で東京と埼玉の境にある長尾丸山沿いに
走り、有間峠に抜けるようだ。結構距離もありそうだし面白そう。

まずは飯能まで小沢峠を通って。
名栗に入って大松閣方面に入ります。
20170606 (2)
大松閣って初めて見るな

予想するに、早い段階で高度を稼いで
あとはこまめなアップダウンで有間峠に接続、
こんなところだろうか?
20170606 (3)
では大名栗線 行ってみましょう

そこそこしっかりと手応えのある登り。
4~5kmで平均7%位の体感。ってことはところどころ10%超えもあり。
雰囲気のいい登りで気持ちが良い。
20170606 (4)
序盤はせせらぎに癒されながら
20170606 (6)
名栗の集落も見渡せて
20170606 (8)
野趣あふれる岩肌
20170606 (10)
道も綺麗で走りやすい

なんでこんないい登りが話題になっていないのか?
有間峠は良く聞くし、飯能の山々の話題は事欠かない。
ここまで相当高くつけたいしひけは取っていないと思うのだが、どうなのだろう?
この先落石ポイントなのか?
20170606 (11)
なるほど こうゆう事か

4~5km登ったこの辺りで未舗装になった。
20170606 takonaguri
この辺ね

地図を見て迷った。
「う~ん。まだ4分の一しか来ていないんだが、どうしよう?」
未舗装なんですけどね、結構踏み固められてる様に見えますし
行けるところまで行ってみましょうかね。
乗鞍行の未舗装走行である程度行けると知った。
ミシェランタイヤの走破性を。
20170606 (12)
行ける所まで行ってみますか

5分走って、こりゃ間違ったかな?と感じる。
折角登って来たんだし、もう少し見晴らしのよさそうな所まで・・・。
20170606 (13)
あの少し高い所位まで行ってみるかな
20170606 (14)
白かったけど 結構いい景色でした

で、先を見た。
たぶんあの一番奥だよね、標高的に。。。
この先はずっとダートなんだろうな。。。
あと20㎞弱だろうか。。。?
20170606 (15)
さて行くかもどるか?

なんか戻るのが嫌だなぁって感じた。
じゃあ進もう。
もっとガレたら押し歩きで登山だと思えばいいや。
この先の全工程歩きでも3時間あれば何とかなるでしょ。
って暢気に決断。
20170606 (16)
やべえ 完全にマウンテンバイクのコースだ^^;

雰囲気のいいコースでしたよ。
見晴らしは山深いのでそこまで期待できませんが、
岩壁や滝などは目を惹くものがありました。
20170606 (18)
20170606 (19)
20170606 (20)
舗装路、舗装路だったら・・・

行程の半分位のところで、警察の方が車3台の大所帯で出ていた。
遭難?事故の検証?
「この先、自転車で行くの?」と驚かれる。
そりゃそうだ、こんなとこ走る用の自転車じゃないしね^^;
通ったのはダートを走る為のバイク達だけでしたしね。

いや、まあ、大変な目に会いましたよと。
ガレが落ち着いたところで乗って走りましたが、
登りで時速6㎞/h程。下りも時速6㎞/h程度。
ずっとスタンディングでショックをいなし、危険な石を避け
慎重にラインをチョイスしながら走った。

少しでも雑に踏み込むとタイヤは空転してしまうので、
一定のトルクで綺麗に回して力を逃がさない様に気遣い、
下りのブレーキングも石の崩れを予期しながら
滑らせない様に細心の注意を払った。
それでも押し歩きしないとどうにもならない所はありましたけどね。

そんな拷問を3時間超耐え抜き有間峠へ。
なのですが、有間峠手前で通行止め。
たぶんあと数百mってところ。
20170606 (21)
峠の少し手前から

ま、仕方が無いか。
でも十分登ったからいいかな。

ああ、そうだ。
未舗装が終わって有間峠への舗装路に出たのだが、
峠からだいぶ離れた場所だった。
名栗湖からの登りの全工程の6割辺りに出る感じか。
4~5km登ったからたぶんそんな感じ。
20170606 (24)
名栗湖まで下ってきて帰りますよ

帰りはギリギリ日が落ちる前に。
さすがに今回は失敗した感があった。
帰宅後【ロードバイク大名栗線】で検索してみたが
ロードバイクじゃなくって
オフロードバイクばっかり出てくるじゃねえか。

大名栗線は22・3㎞で未舗装が17・8㎞らしい。
関東でも屈指のロングダートの林道で
【オフロードバイク】には有名な道らしい。
・・・通りでロードバイク界隈で話題にならない訳だ。
今回はちとやらかした感はあったが、ノートラブルだったし
運がよくと反省の念も含めていい経験をさせてもらった。
キツかったけどそれでも楽しかったと思えたので良かったのでした!
20170606 log
20170606 kouseki

2017.06.08(Thu) | 自転車 | cm(0) | tb(0) |

お祭りっぽいアレ

5日(月)の分。

ふとしたきっかけで手に入れたお酒。
20170606.jpg
獺祭

ちょっと前に凄く流行ってましたよね。
ひと段落したのでしょう。手に入ったので飲みました。

あら美味しい!
ブームになるのも分かりますね、これ。

2017.06.07(Wed) | 日常 | cm(0) | tb(0) |

きもちいのぉ

4日(日)の分。

夜錬@RNC7
先日のイタクラで心肺がきつかったので
もっと回す練習。
ハァハァするのは気持ちが良い。
いやキツイ・・・きついけどね。
あと、やっぱりタイヤの差って結構あるなあと再認識させられた。
20170604 log
20170604 kouseki

2017.06.07(Wed) | 自転車 | cm(0) | tb(0) |

久々のイタクラ

30日(火)の分、イタクラ版。

2時間飛んでからのイタクラ。
優しいコンディションだったし、装備も軽いので疲労はほとんどない。
久々にタイムを縮める事が出来た。
20170530 itakura log
20170530 itakurakouseki
20170530 iakura data

序盤の緩斜面を85rpmで回して登れる様になったのはいいのだが、
呼吸が追い付かなくなる。足はまだ残っていたので、少し重めで踏むとか
工夫があってもよかったかも。
しかし、、、20分切りは平均速度あと2㎞/h以上あげなきゃいけないのか。

2017.06.02(Fri) | 自転車 | cm(0) | tb(0) |

筋書き通りの ほにゃらら

30日(火)の分。

梅雨入り前に飛んでおこうと板敷へ。
いつも通りに昼頃T.Oへ。
外環の工事で少し遅れたけど大勢に影響はないでしょう。

今回はメットを夏仕様と言う事でチャリメットを流用。
通気性が良くて涼しいのが強み。
S7310003_convert_20170602002213.jpg
13時頃出ます。

少し滑気味なのでヘアピンの上でひっかけて1,000m。
難台に行ってみて1,000m。一時間チョイ漫遊して
そろそろ降りようかなと思ったら、ATOSが
悠然と笠間方面から足尾に帰っていく。
ならばもう少し飛んでおかないとな・・・。

もっかい上げ返して1,000mから加波山東斜面に取っついて足尾へ。
1,150mまで上げて筑波方面を味見したけど微妙。
手堅く帰るのでした。
P5300172_convert_20170602002447.jpg
軽装って楽だねぇ

メットは軽いし、上はネルシャツの軽装で飛んだので楽ちん。
30℃予報の日だったので1,000m位が一番気持ちの良い所だろう。
梅雨前にちゃんと飛べて良かった。
20170530f-kouseki.jpg

2017.06.02(Fri) | Fly | cm(0) | tb(0) |

美味しい所は少しだけ

28日(日)の分。

ちょっと間が空いてしまったか。
乗鞍の次週は休みに雨を食らいゲンナリしていた。
なので夜錬でもと埼スタ回りで。

この時季の夜錬は気持ちが良い。
軽く流すと風が心地よいし、もがけば程良く汗もかける。
梅雨入りしちゃうとじめじめ感出ちゃうしね。
もう数日だけ美味しい所で走りたいなぁ。
20170528 log
20170528 kouseki

2017.06.02(Fri) | 自転車 | cm(0) | tb(0) |

AABR

19日(金)の分。

連休2日目。
折角乗鞍まで遠征するんだしと、しっかりと連休取得。
なので初日は遅くなってしまったが怯む事はなかった。
松本でスーパー銭湯に浸かって道の駅安曇野松川で車泊。
得意の俺のターンだ。
o0500073213115198243_2017052423120175b.gif
ふふふ

さて2日目。
予てより走りたかった北アルプスを堪能するルート。
アルプスあづみのセンチュリーライド(AACR)をなぞってみようと思う。

いくぜAABR。
Aアルプス
Aあづみの
Bボッチ
Rライド
ざっくりコースも使わせていただきます^^;

まあ、2日目なので少し早目に終えて銭湯に浸かりたいってのも
あったのでセンチュリーライド(160km)じゃなくって100km位でいいやね。
じゃあ行きますか。
20170519.jpg
道の駅スタートでこの景観
20170519 (2)
県道496号を左折して306号に向かいます

AACRのコースをなぞっていると看板が設置されていました。
まあ、わたしゃエイドステーションありませんがね・・・。
20170519 (3)
雰囲気だけ味わえます

高瀬川でしたっけ?
あの奥の方に黒部ダムがあるらしい。
黒部ダムは行ってみたいなあ。
丁度先日BSで『黒部の太陽』が放送されていたのを見たからね。
たぶん時間的に無理だけど^^;
20170519 (4)
しかし絶景が続くなぁ
20170519 (5)
16㎞ですって

2,600m~2,800mクラスの大物が連なる。
五龍岳とか爺ヶ岳とかでしょうか。
20170519 (6)
見惚れるね

さて20㎞そこいら走った所で木崎湖まで来ましたよ。
木崎湖は上から見下ろせるビューポイントがある様なので
ひとっ走り登ってみましょうか。
20170519 (7)
湖南端はキャンプ場横から登ります

導入は緩めでしたが徐々にきつくなってくるタイプ。
周りの山々が2,000とか3,000とかのとてつもない標高なので
麻痺してしまうが1,300mまで登らされる。
獲得標高は600m程ですけどね。
途中木々の切れ間から北アルプスの山々が。
どれが何山だか分からんが雄大さに甚く感動しながら登る。
20170519 (9)
20170519 (11)
山の名前も覚えたいね

何だかんだ長い登りを制しビューポイントまで到着。
登りの道中は木々に囲まれており、時折見える景色も木崎湖と
反対側の西方面、北アルプス方面だけだった。
それがパッと東斜面が開け絶景が広がるのである。
20170519 (12)
こりゃたまらんですよ!

この開けた自然斜面に見慣れたものが。
20170519 (14)
うん?吹流し?
20170519 (13)
20170519 (18)
パラグライダーのテイクオフだったんだね

丁度タンデム体験の方がテイクオフする所だったので、
一服がてら眺めていた。
このシチュエーション、飛んでみたい気になりました。
残念ながらパラのエリアなのでここでは飛べませんけどね。
20170519 (15)
20170519 (16)
日光男体山とか浅間山とかもうっすらと見えました

鹿島槍スキー場からたぶん鹿島槍ヶ岳を臨む。
20170519 (24)
この辺も写真ばっかで進まない^^;

下ってきたら北上して白馬を目指しましょう。
正面に八方尾根を見ながら進みます。
20170519 (25)
いやあたまらんです

で、程なく白馬駅に。
そして山の方ににじり寄ってみましょうか。
20170519 (29)
20170519 (26)
こりゃ美しい
20170519 (30)
ジャンプ台もみたりして

ではそろそろお昼でも食しますかとお蕎麦屋さんに。
信州って言ったらそばでしょ。
ついでに馬刺しなんて頼んじゃったり。
生姜と大蒜たっぷり使っちゃうぜ^^;
20170519 (44)
20170519 (45)
20170519 (31)
美味すぎて幸せを感じたのでした

後は南下しての帰路につくところですが、ちょっとだけ寄り道。
つり橋がある様なので見ていきましょう。
あ、長野まで45㎞なのね。
結構位置関係が繋がった。
白馬ー長野ー渋峠はほぼ同緯度だったのか。
そんな発見が嬉しかったりね。
20170519 (32)
20170519 (33)
20170519 (34)
古風なイメージを出してきてるつり橋

帰りに青木湖の写真を。行きは湖畔に降りるところが分からなくて
通りすぎちゃったからね。
20170519 (35)
澄明な青木湖

お隣の中綱湖は釣り人が多かったですね。
流入出が穏やかなのでしょうか?隣同士でも性質がだいぶ違う様ですね。
20170519 (36)
チェレステしている中綱湖

と湖を写真に収めて後は黙々と回して帰還。
明るいうちに温泉に向かいましょう!
20170519 (37)
日が高いうちに撤収して

木崎湖方面の薬師の湯へ。
道の駅でゲットした穂高ビールも飲んじゃうぞ!
昨年このビールの美味さにやられてしまった。
今年も飲みたかったんですよね。
なので早めの撤収なのです^^
20170519 (38)
20170519 (39)
穂高ビール!!

閉館時間までガッツリ休んでから帰路に着きました。
あ、ここは温泉博物館と併設になっていて
資料が色々展示されていましたよ。
過去に走りに行った時に入った温泉が結構ありました。
なんかニヤッとしちゃいました。
20170519 (40)
20170519 (41)
20170519 (42)
マニアックな展示物達

お土産は日本酒の白馬錦。
20170519 (43)
最近このパターンだな

今回は連休をしっかりと満喫できた。
日帰りが体質化しているが、遠出するなら連休で臨まないとね。
今回も外枠は決めていたけどそれ以外は行き当たりばったりだが、
めいっぱい楽しめたので良かったな。
そうそう乗鞍は登りで自分含めて3人、下りで7人とすれ違い
計9人の自転車乗りと遭遇した。
平日なのにやっぱ乗鞍走りたかった人が待ち焦がれていたんだね。
白馬の平地は2人の方とすれ違いました。
20170519 log
20170519 kouseki




2017.05.25(Thu) | 自転車 | cm(0) | tb(0) |

デザートが大盛り

つづきのつづき。

さて県道58号に入って登り返しますよ。
20170518 (132)
こっから山に入りますよ
20170518 (137)
路面が悪い・・・

この写真はましな方だ。この後結構ガレっぽくなる。
未舗装以上、舗装未満って感じ?だ。
まあとにかく気を使いながら走った。
でも横の川がご褒美だった。
20170518 (134)
20170518 (136)
20170518 (135)
なんかスライダーできそう
20170518 (138)
遠くに滝も見えましたよ
20170518 (139)
で、遠回りさせられると

R158まで抜ければもう少しだ。
が実は国道に出てからが長いんですけどね。
20170518 (140)
20170518 (141)
この橋の所に謎の滝が

日も暮れ始めましたが棚田ゾーンに心も和む。
棚田の所は左。
その下の写真の分岐も左。
うん?左??
20170518 (142)
20170518 (143)
20170518 (5)
未舗装じゃねえかw

あと少しなのに・・・。
20170518 (144)
シクロクロスww
20170518(145).jpg
いや完全にマウンテンレベルwww

結構な斜度だったしガレまくりだったけど、乗って下ってやったぜ。
ミシェランタイヤの耐パンク性が強靭なので何とかなったのでした。
そして県道158号まで出てきました。
あの後ろの白い麓まで戻らないといかんのか・・・。
難儀な^^;
20170518 (2)
こりゃ明るいうちには戻れんな・・・

こっから2時間位かかったっけか?
20㎞位ずっと登りだったしね。
それはいいとして・・・
真っ暗で怖かったのでした。
だって街灯も何もないんだもん。
最後の平湯ゲートに向かう所なんて車も何も通らない
真っ暗闇。
熊が出たら大変な事になると想像すると。。。チビッタ。
20170518 (3)
20時半ちょっと前に帰還 おつでした

で、平湯に日帰り温泉だ。
の筈でしたが時間が・・・
仕方が無いので松本の健康ランドまで足をのばしましたとさ。
20170518 (4)
お値段がリーズナブルでした

1015000000707116235.jpg
平湯~奥穂高周辺地図

20170518 log
20170518 kouseki h
20170518 kouseki


2017.05.23(Tue) | 自転車 | cm(0) | tb(0) |